【FX】年末年始、クリスマス前後の取引についての注意点

コラム

今年も残すところ6週間ほどとなりました。(執筆日11月15日)

2019年の株式市場は11月に入り更に活況となり、NYダウ平均、ナスダックそしてS&P500は史上最高値を更新室続けています。

夏には長期金利と短期金利の逆イールドが発生し、株価暴落が噂された中、FRBによる追加金融緩和(利下げ)と欧州のマイナス金利政策などに押され、株価はジリ上げ、今日現在、NYダウは27781.96ドル、日経は今日の時点で23303.32円です。

ま、株は国が買いまくってるってことですから、いずれある日を境に大暴落wおするバブル経済だと個人的には思っています。来年の東京五輪後の10月あたりかな、と(米国の大統領選前)

現在はpump and dumpのpum時期だと思います。FRB、ウォール街の大手銀行は莫大なお金を投入していて、このBULL相場を作っています。借金が世界の経済歴史上、最高額に達しています。

為替市場、株式市場、いわゆる「相場」というのはすべて操作されていると断言しても過言ではありませんから。

ヘッジファンドや国はたんまり仕込んで買い上げて、ある日をきっかけに一気に売りさばく瞬間が訪れます。

次回の暴落はリーマンショック規模(マイナス53%)以上ともいわれています。

ですので、BULL相場で稼げるときはしっかり稼いでください。スインガーは要注意ですね。私のようなスキャルパーは持ち越しをしないのでリスク管理を徹底できる。

前置きが長くなりましたが上記の点は「戯言」ではなく「現実」です。理解できない場合はもう一度読み直してくださいね。

為替市場、年末年始はどうなるの?

結論から言いますと、誰にもわかりません!(笑)

はい、しかしですね、年末年始の「傾向」は必ずあります。

年末年始やクリスマス休暇の時期、市場参加者がプロから個人レベルまで激減するので、ボラティリティ(変動幅)や出来高が減ります。

そうなると通貨ペアの動く値幅が狭くなり市場が閑散とするため、特に値幅を短時間に抜くスタイルのスキャルパーにはつらい環境となります。

また市場参加者が少ないことで何が起きるかというと、少額のお金でも突発的に相場が動いてしまい、結果的に統計学に基づくテクニカル分析の信用度が下がり、最悪機能しなくなるのです。

少額といっても何億円などのはした金ではなく、何百、何千億レベルの話です。

為替市場は数億円じゃ微動だにしません(新興市場であるBTC相場などは動く場合がありますけどね)

欧州や米国人、特に米国は12月に入ると頭の中はクリスマスブレイク(休暇)のことで一杯になり、2週目以降はやめのバケーションに行く人たちもチラホラ出てきます。

15日以降はもう完全に終了です。

ただし、年末年始はニューイヤーの日、いわゆる元旦だけお祝いをしたら三が日などなく、1月2日が平日ならいきなり営業日となり、バリバリと仕事がはじまるのです。

ですから、お休みは12月半ばあたり(安全に10日頃から)と考えて、ちょうどよいでしょうね。24日のクリスマスイブの数日前が週末が被る場合は、その週末から1月1日までクリスマスバケーションとなります。この間は一切仕事はしません。

日本はクリスマスはお祭り、でも、仕事をしている人も多数いて、仕事納めが28,29日あたり?になるのが慣例ですよね。

1年の仕事が終わり、さぁチャートでも見よう、ちょっとお小遣い稼ぎでもしよう、なんて言うサラリーマンさんたちがカモられるのがまさにこの時期だということも覚えておいてよいでしょうね。

年末年始の市場稼働状況は?

市場は月曜日の朝から土曜日の早朝まで24時間体制で開場しています。

しかし、年末の稼働状況については、利用している取引所のHPをチェックするなりして、取引可能か確認をしてください。

12月25日は時間制限があったりしますが取引可能なことが多いです。1月1日は完全にお休み。2日が土日ではない場合は朝の7時から取引可能です。

2019年から2020年の年末年始の状況は?

2020年1月1日が水曜日ですので、2日木曜日は朝からトレード可能です。

年始のフラッシュクラッシュ

昨年末の2018年の12月の半ばから暴落相場だったことは記憶に新しいのですが、その流れで2019年の1月2日、年始最初の営業日はドル円が約70銭下落、そして1月3日はあの有名なフラッシュクラッシュが起きました。

2.4円以上の暴落(240pips)を記録したのですが、このクラッシュを作った理由は、市場を動かすヘッジファンドが運営するAIの仕業と言われています。

暇なアジア人(特に日本人)がカモられたとも言われていますが、ストップロスを巻き込みながらのアホな逆張り派が養分となり、すべて大きなクジラに食われてしまった、という事です。

年末年始になにをすべきか

悪いことは言いません、何年、何十年も相場を見続けている人ならわかっていながら取引をするのは自由ですが、初心者や相場経験が浅いトレーダーさんたちは

ノータッチ、もしくは様子見がベストチョイスです。

無理はしない。

「休むも相場」ですよw

コメント

タイトルとURLをコピーしました