週間フォーキャスト:1月20日~1月24日

Forecast

先週の相場と結果について

毎週ほぼほぼ同じことしか書けないというくらい、FRBによる市場操作でNY市場は「活況」です。世界の借金額が毎日増え続け、いつ弾けてもおかしくないところを更なる「麻薬注射」で現金を市場にぶち込んでいく。このなれの果てはいつ?どこで?どのようになるのでしょうか。

動画でも話しているのでおひまなときにラジオ感覚でどうぞw

カルロスゴーンの逃亡とレバノン政府、世界銀行の合法的悪事、金融システムは欠陥だらけ、借金額が天文学的で2020年のリセッションは避けられない?FRBのQE=量的緩和やREPOマーケットへの介入

ゴーンさんの件は、まぁね、もういいかなって感じですが一応お話しておきます。

大事なのは世界銀行を筆頭に銀行屋さんがやっていることが合法的にえげつないってお話など、皆さんがしるべきこと、考えるべきことをつらつらとお話しました。おひまなときにどうぞ。

先週の結果:獲得pips = 205pips

ぼちぼち順調。少し軽率に入ってしまったトレードで結果プラスになったのですが、時間的に振り回される場面があったのと、2回ほど大きめのLCがありました(とはいえそれぞれ15pipsと12pipsほど)総じていつも通り淡々といきましたね。

株価が基本⤴というわかりやすい相場なので、大きなサプライズといえば、自分のミスで指標突っ切ってしまい予期せぬ下落で踏まれた事ですね。結局このトレードもプラスで終わりました。

大事なのは入ってからの立ち回り方ですね。リスク管理とタイムマネジメントを徹底しなければならん!という教訓を得ました。

さて、

NYは先週の金曜もプラス50ドルで下支えしっかり。QEの効果は大きいですね。更なるQEとREPOマーケットへのお金の還流からの株式市場への流れは変わらず、今年一杯は株価つり上げの手は休まらないという状況なる可能性もあります。

ちなみにFRBもパウエル総裁も「QEじゃない」と真っ向否定。たぶんそろそろネーミングを変えて発表をするでしょう。今年は幾度となく「インジェクション」をするのでね。

しかしやっていることは全く同じです。お金を刷ってばら撒く。

QEについてはこちらの動画で話をしているので、よかったらどうぞ。

現大統領の再選はほぼ間違いなく、3月のスーパーチューズデーで何を言うのかも注目です。大統領選は演出もありますし、茶番的に見える面も多く4年に一度大盛り上がりする大イベント。

共和党、民主党それぞれ候補をあげ同じ党が4年×2期を務め、8年おきに政党が入れ替わるというのが「常識的」です。今回も多分に漏れず現職のトランプが再選を果たす可能性が高いというか、します。間違いないなく。

弾劾の話こそが茶番です。民主党はやることがないので、トランプの上げ足を取るのが仕事(どこかの国の野党とおなじだね)。今回の件もそうですが、とりあえず足を引っ張ったり言葉尻を拾って叩いたりするのは政治家が「仕事してますアピール」をしているだけで中身はすっかすか。

ウクライナ情勢の新事実!なんて報道があったりしますが、関係者はのらりくらいで逃げ回り、誰かが首になったり死んだりしてもお構いなし、大勢には影響ありません。

ロシアがトランプ陣営のために2016年の選挙戦に介入した話はどうなったんでしょうかね?気づけばフェードアウトしてましたし、株価暴騰バブル絶好調で売られ過ぎて当の政治家や関係者は、もうどうでもよくなったのかな。

ま、世の中そんなもの。

さて、今週はですね、ダボス会議があります。年に一度の世界経済会議、ですね。

世界の要人たちは現在の借金が天文学的に積みあがり、中央銀行が推進するFAKEで作為的なマーケットの存在、そして実体経済との乖離と金融システムの問題についてどう言及するのか注目しています。

どれだけの政治家や経済界の人間が大嘘をつき続けてこのFAKE NARRATIVE(嘘の物語)を垂れながすのでしょうか。

市場が麻薬中毒者とすれば、FRBや中央銀行が薬の売人でガンガン中毒者に注射を打っている現状を、誰一人として口を割らず、このシステムは機能しておりみんなご機嫌だと、というスタンスだろう。

中毒者はもっと欲しいし、薬が切れると死んじゃうからもっともっと、となる。

その中でも一部の人はGood Cop Bad Copさながらにメインストリームでも「次のマーケットクラッシュは間もなくだ」と警鐘を鳴らすだろうが、この人たちもまた経済界の住人であり株価暴騰の恩恵を受けている。

でもね、しれっと逃げている人たちもいるんですよ。暴騰した株を既に売却して現金化している人たちがどれくらいいるか。大きなシェアをもっている

皆さんにおかれましては、この事実と現実を理解した上で、しっかりFXで稼ぐことです。うまくすべてを利用してやればいい、そういうことです。

私はほぼ毎日皆さんに同じことをお伝えしています。手を変え品を変え、本質的なお話のみ。ぜひとも、一緒に学んで稼げるようになりましょうねw

では、今週もよろしくお願いします。

【YouTube更新】ゴールドの分析動画です

FX初心者必見。MT4を使ってゴールド(金)を週足から分析しました。移動平均線、エリオット波動、騙しのメカニズムを解説!

1月20日

おはようございます。今週もよろしくお願いします。

今週はダボス会議です。後ほど解説します。

今日の指標です。

今日は米国市場がお休みですので、閑散とした状況になるでしょう。

先週のNYもATHを記録するなど、イランとの問題などなかったかのように株価は高騰。ドルも強く株価堅調。実体経済もQEの影響が出ているのかサービスセクターの数値がポジティブに出る動き。多額の借金は増え続けるばかりの市場とはいえ、消費の勢いはまだまだ堅調といったところです。

さて、明日からダボス会議です。

 

ダボス会議とは?

ダボス会議の一般的な解説はこちら

「スイス・ジュネーブに本拠を置く非営利財団、世界経済フォーラムが毎年1月に、スイス東部の保養地ダボスで開催する年次総会です。1971年に発足、各国の競争力を指数化し公表してグローバル化に対応した経営環境を推進しています。この会議では毎年、世界を代表する政治家や実業家が一堂に会し、世界経済や環境問題など幅広いテーマで討議しますが、各界から注目され、世界に強い影響力を持っています。日本からも首相や著名な経済学者などが参加しています」

ということなんですが、まぁ、お金持ちとお金の専門家さんたちがあつまって世界経済どうする?差し当たってなんとかしなきゃいけない問題について話会おうという会議です。

今年の会議の焦点はざっくり言えばこんなところ。

・トランプ氏の登場で開場がどのように反応するのか
・イランの英雄を殺害してからはじめての世界会議
・トランプ氏の弾劾裁判が進む中、氏の意見に注目
・世界の中央銀行総裁どもが一挙に集結しグローバル経済の鈍化について話し合い
・男女の賃金格差問題
・最近話題の「週休3日」の話題

・気候変動問題
・120のビリオネア(大金持ち)が一挙に集結
・100か国2200人ものゲストがあつまるとのこと

ちなみに英国ジョンソン首相はダボスどころではなく不参加。1月31日に予定しているブレグジット問題に集中するそうです。

2200人のうち何人がプライベートジェットで移動してくるんだろうなぁ(笑)

毎年ダボスで経済界の連中があつまって、今年はどうやって世界を動かし小市民たちから金をむしり取ってやろうかと画策する会議と私は位置付けています(うがった見方)

金持ちが更に金持ちになるためのシステムのが機能している部分と、明らかに破綻が待っていることについては意見がわかれるだろうけど、どのような対策をしていくのだろうか。結局のところ民間レベルではどうにもん出来ない事で、政府関係者・中央銀行の管理下にある経済政策にすべてゆだねられている。

米ドルの力、米国FRBの支配下にあるといっても過言ではない世界経済です。どんな話し合いがあり公式発表があるのか注視します。

今日はスローな1日かもしれません。欧州時間の参戦とします。よろしくお願いします。

GOLD SHORT +9.4pips

Signal実況したトレードです。17時過ぎに1本目、2本目は中期MA抜けのPAを見ながらエントリー。すんなり長期MAまで伸びたところで利確終了。一番いいところで切れました。

Signalメンバーへの実況チャットはこちら!表示されている時間がスクショを撮った時間で、コメントは「何分前」とありますが、エントリーしてすぐにライブ実況しています。

こんな感じで毎日配信をしていますよw ガッツリ稼ぎましょうね~w

1月21日

おはようございます。NY連休明けと、ダボス会議です。

今日の指標はこちら。今朝は手短に。

注目は18時半です。BOJ黒田の話は適当に。ほぼ意味ありません。深夜0時カーニーBOE総裁が、18時半の指標発表について、そしてブレグジットについてどういう発言があるかにも注目。

明日、明後日の英国とEUの金融政策発表も注目します。Discordへ市況の詳細とトレード方針を記載しておきます。

では、今日もしっかりやりましょう!

日本にいるので一応触れておきますね。

日本銀行総裁が今日発表した声明について一応触れておきます。記事を見ると頭にくるので避けていたんですが、相変わらずの体たらくぶりと嘘八百に目が点でした。

発言をピックアップします。

物価の基調変わったとは思わない」
「引き続き緩和方向を意識した政策運営を行う」

「米中通商交渉の進展など世界経済を巡る不確実性は幾分緩和している」
「世界経済は引き続き下振れリスクが大きい」
「日本経済の内需の増勢はいったん鈍化するものの、大きな落ち込みは回避される見込み」
「賃金上昇と物価上昇の好循環はなお力強さに欠ける」
「他の先進国と同様に2%の物価目指すことは、長い目でみた為替相場の安定につながる」

「(海外中銀に対しての出遅れ感がないかについて)どの中央銀行も自国の経済、物価の安定を目標に最も適切な行動をとっている」

「物価安定へのモメンタム損なわれていないが注意は必要」
「輸出は当面弱め」
「設備投資は建設投資、研究開発投資などで緩やかな増加」
「海外原則の影響続くも国内への波及は限定的」

「日銀の金融政策、あくまで物価安定のため」
「中長期的な財政について信認確保が必要」

ざっとこんな感じですが、要約すると日銀はいままで散々ETF買いをして株価安定は実現するも、実体経済には結びつく根本的なところは言及せず。インフレ率2%は何年も前からいってるが、実際は0.6から1.2%の間をうろうろするだけでプラスになることはに。「為替相場の安定」はしているいるが、市場にお金が流れてきていない。どれを読んでも中途半端、横這いどころか下目線で成長の見込みなく刺激を与えるには実体経済ではなく国債買い=株を買って吊り上げるQEをするだけ、という体たらくってことですね。ここには「お金を刷って株を吊り上げます」というハッキリとしたことは口が裂けても言いませんが、実際にやっていることはこれ。(続く)

ほら、きたよ。増税の話。

動画でも話をしましたけど、来ましたよ増税のお話。いわこっちゃない、あーだこーだと利便性を考慮した上で国民から金をむしり取るんですよ。お伝えしてきますね。

また新たな税負担か。「5G光回線維持」目的の負担金制度検討に国民「痛みばかり」 | マネーボイス
総務省が「5G」の基幹インフラとなる光ファイバー回線を全国で整備・維持するための負担金制度の導入を検討していることが明らかになり、批判が続出している。

マイナス金利の恐ろしさはこういうことです。

アベノミクスのなれの果てがこれ。現状をしっかり伝えています。

景気回復はフェイクニュース。飲食店の倒産「過去最多」目前で日本は戦後最悪の恐慌状態=児島康孝 | マネーボイス
日経平均は2万4000円台に到達しました。しかし浮かれていると突然、何かが起きそうな気がしてなりません。実体経済は明らかに恐慌で、激しい乖離があります。

21時

今日は17時台のGOLD暴落につかまっている状況です。マイナス20pipsほどなんですが、道中ナンピンと利確をしつつ現在5.9万ドルほどプラス。下がってナンピンからの上げて利確、また下げてナンピンからの上げて利確を繰り返していますが、平均がマイナス20~25あたりをウロウロ。長期戦になるかなと思いますが、じわじわと利益を増やしつつ建値で逃げるプランもオプションとして持って置き、今日の下げ幅の半値までは粘ってみようかと思います。半値まで戻せば大幅プラスで終わります。忍耐力とポジション取り、そして利確は正義ということで。

ダボス会議始まっていますね。ぼちぼちとニュースが入ってきています。

今日のNYは軟調でドル円は110円の攻防ですね。個人的には株下げのドル円下げ、GOLD上げで今夜寝る前にはすべて決済して終わるような気もします。様子見を見て対応をします。

ナンピンはどんどん挑戦すべきです。トレードプランを決めればナンピンは危険だ、ハイレバはダメだという連中は大体国内の最低取引所のアフィリエイトをやっている負けトレーダーたちだとおもいますので、騙されないように気を付けてくださいね。

国内取引所の利点は「税金」のみ。一律20%ですからお得っちゃぁお得。しかしね、レバレッジが25万なんてトレーダーに「勝つな」と言っていようなものです。数百万以上持っている人が地味に月利3%とか稼ぐならまだいいですけどね。そんなレベルの取引や利益ってFXの魅力を殺していますよね。

21時半

しっかり底を打ってダブルボトムから上昇。すでに8.6万ドル利確。まだマイナス19pipsほどありますが、22時台からの足で節目を抜けるところを待っています。トレンドは↑なのでいくでしょう。ここから一気に建値決済までいけば大きく利確して終了となります。相場が読めてナンピンをすることで利益が大きく出ますからね。非常に魅力的です。

22時過ぎ

全決済でプラス4.5万ドルとなりました。一時はどうなることかと思いましたが、結果的にうまく立ち回れたと思います。5時半ほどかかりましたけど(笑)ショートカバーが思ったほど強くなかったのと、トレード終了後に更に下げたのは驚きましたが。GOLDが最近ドル円と連動しない場面が多々あり指標的にみる通貨ペア模索中です。これまでの常識が変わりつつありますね。

 

技術的な事ですが、上の水色の矢印でロングを打診、踏まれて下の矢印で更にナンピンしてから二番底を付けたときは焦りましたが、引き付けて大底のひげから戻しを何度も何度もナンピンしては決済を繰り返し細かく利確をしていきつつ収支をプラスにし、一時13万ドルまでプラスになりました(黄色い矢印の動きがその一部)上で入ってしまった含み損は最後の大きな動きでオール決済し22時すぎには終了。

ナンピンはご法度ではありません。うまく使えるようにならないと大きな含み損をLCするだけとなりますので、今回のように踏まれたときレンジで動いているところを細かく利確していくテクニックとして有効です。

1月22日

おはようございます。ダボス会議始まりましたが特に大きなニュースはなく、例の少女が環境問題で「結局私が騒ぎ始めてから大人たちはなにもしていない」といった程度ですね。まぁ、するわけないだろ、と思いますけど。彼女が騒げば騒ぐほど、そして周囲が持ち上げるほど大人たちはかたくなになりまた耳を貸さなくなるでしょうね。

さて、昨日の市場は全面安。中国の新型ウイルス問題で中国元暴落といったニュースが入っています。「米国内で初の患者を確認」というニュースで問題は「原因不明」であることですね。発症した理由が特定できていない事でリスクオフへ、といった流れ。ドル円も110円を割り込み定着。

大統領弾劾プロセスが開始しておりこれも上値を重くしている理由の一つでしょうし、ダボス会議が進展していく中で要人発言待ちの様子。今日はご覧の通りBOE総裁の発言やカナダの指標や政策金利など予定がありますので、夕方まで様子見ムードでしょうか。

中国の動向にも配慮します。10時AM以降ですね。しっかりやっていきましょう!

気になるニュースはこちら

米国でも新型肺炎確認、中国渡航の男性 中国で6人死亡
米疾病対策センター(CDC)は21日、西部ワシントン州シアトルで、最近中国に渡航した米国居住の男性が、中国の武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎と診断さ...

こちらは結構大きな問題のひとつ。株価押し下げるのも無理はない。

737MAX運航再開は2020年半ば以降、ボーイングが見通し 株価下落
米ボーイングは21日、737MAX機の運航再開に向けた連邦航空局(FAA)による再認証が、年央以降になるとの見通しを発表した。飛行制御システムを巡る審査などが理...

GOLD LONG +5pips

朝はしれっと、すんなりと。

GOLD LONG +7.8pips

良いところからの上昇。きっちりとったです。ド短期スキャ。

人工的な利下げの結果

昨年の利下げから、更に利下げを実行するであろうと言われているFRBですが、トランプもここにきて「マイナス金利」について言及しています。

FRBのQE(4回目)によって株高になっている理由は、市場に異常な額が借金を増えているからです。

金利市場=YIELDカーブをFRBが人工的に下げていること、今後さらに金利を下げ続け、安易に金を借りやすくすることで意図的に株価をハイパーインフレーションさせる、ということです。

FRBもトランプも株価を暴落させるわけにはいきません。株価は幻想の数字、REAL ECONOMYとは異常な乖離をしています。

現状を理解してくださいね。現在は株価バブル真っ盛り。利下げも人工的、株価も人工的。TESLA、UBER、LYFTなどは次の株価暴落で奈落の底に落ちますよ。銀行などは救済措置を受けて生き残るのでしょうけどね。

恐ろしい結末が待っているとはいえ、市場は淡々と同じことを繰り返していきます。2008年のリーマンショックからの学びは皆無ですね。むしろ借金に拍車がかかっています。

人類がこれまでに経験をしたことがない事を、私たちは目撃するのでしょう。

何はともあれ、世の中の仕組みや流れを理解しながら淡々と稼いでいきましょうね。何よりも大事なのはアナタの口座が増えていくことですよ。

そしてもしアナタが次回のマーケットクラッシュが起きたときに自分の仕事や立ち位置が脅かされる可能性がある業種にいるのであれば、転職や辞職をし違う道を探すことをお勧めします。

私がアナタの立場なら確実に方向転換しますね。しっかり準備をして、勉強をして次に進みます。気づいた時点で行動を起こしましょうね。

私がアナタにお伝えできる一番大事なアドバイスです。

緊急レポ取引で90億ドルの追加資金投入

Fed Adds Just Over Billion in Temporary Money to Markets
The Federal Reserve injected .8 billion in short-term money to financial markets in the form of two repurchase-agreement operations.

この記事はWall Street Journalの英語版ですが日本語版では存在しない記事です。といったようにメインストリームであるはずのWSJでもこの扱いですから、いかに銀行屋や政府がやっていることを報じないかわかりますよね。

要約するとレポ取引・オーバーナイトと14日期限で総額90億ドルのお金を債券市場に投入。債券市場から株式市場と各銀行へばら撒かれる(貸出)のですが、これを銀行側が一部拒否。全額を受け取るところが少なかったとも報じられています。何が起きているかというとこれ以上の借り入れをするだけの担保がありません、ということなんです。非常にえげつない状況になっていることがわかります。

1月23日

こんにちは、今日もよろしくお願いします。

日経はマイナス235円、前日のNYダウが軟調、原油はバカ売り(現在55.74ドル)で強い圧力がかかっております。欧州は開始前ですが、昨日は全面安。ダボス会議が株価にプラス影響はおきていませんね。

こういう記事がでると私は失笑します。

焦点:温暖化阻止へ肉食メニュー排除 ダボス会議に問われる本気度
[ダボス(スイス) 21日 トムソン・ロイター財団] - カナダ人のビーガン(完全菜食主義)料理人ダグ・マクニッシュ氏は、スイス・アルプスに世界の要人が集まる年...

本質的?ですかね?これ。皆さんはどう思われますか?

米中合意第一弾の中身が希薄かつ中身のないものとして評価は低く、トランプの今後の「ターゲット」はブレグジットやEUへの関税、そして新興国のインドです。

ブレグジット法案は昨日22日に議会を通過、23日の今日成立します。

ブレグジット関連法案、英議会を通過 23日にも成立へ
【1月23日 AFP】英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット、Brexit)関連法案は22日、議会を通過した。

ポンドは強く相変わらずの上昇トレンド中、確実に高値をキリ下ております。残すところあと8日で3年以上待ったブレグジットが実現するわけですが、ボリスジョンソン首相は税金を多量に投入に、ブレグジットをするその日までのカウントダウンタイマーをビッグベンに設置する案は、当然のことながら議会で却下されました(アホかこいつは)

Countdown clock but no Big Ben in Brexit Day plan
Government plans include a countdown projected onto No 10 and an address by the PM - but no bongs.

英国は1月31日の午前11時=日本時間の20時に正式離脱となります。

そんなわけで、地味にブレグジットが行われるようですが、法整備や今後企業や移民問題など何一つ解決しないまま、強行突破を図った後の英国経済がどうなるのか(凋落するともいわれています)見守っていき、かつ世界経済とくに持ちつ持たれつだったEUへの影響がフォーキャストなるでしょうね。

気になる記事がこちら。

EU離脱法、英議会通過 ジョンソン首相「ゴールライン越えた」
イギリス議会は22日、欧州連合(EU)離脱協定を法制化するための関連法案を可決した。ボリス・ジョンソン首相は、「ブレグジット(イギリスのEU離脱)のゴールラインを越えた」と述べた。

うわべは聞こえはいいんですよね。「イギリスは一丸となって」というくだりなどは首相がいいそうなことです。3年半の分断を超えて、的な。

問題はここ。

離脱協定法案は今月10日に下院を通過した後、今週初めから上院で審議されていた。

上院はこの際、在英EU市民への権利保障、イギリスの裁判所がEU法から逸脱する権限、ブレグジット後の司法の独立、地方議会との合意形成、難民の取り扱いの5項目について修正した。

特に難民をめぐる修正では、EU域内で難民申請した保護者のいない未成年にイギリス在住の親族がいた場合、イギリス国内で再会させるよう、EUとの合意を取り付けることを政府に義務付けた。

しかし下院はこの日、上院による修正を全て否決。法案を上院に再送付し、上院がこれを受け入れた。

要するに、大事な修正案が足り回しにされて、結局ノータッチのまま上院へ帰ってきたってことは最初から審議する気も、修正する気もなくあくまでもプロセスだったことです。無駄な時間とお金が浪費されて終了。どこかの政治家たちとやっていることは同じですね。

で、今週から来週のブレグジットにかけて、離脱協定の手続きが進められるだけで、議会で本質的な話をすることはないということですね。

うーん、お前ら政治家ども、3年半何をやっとったんじゃ。ほんとに政治家はくそ無能だなとつくづく感じます。

今日指標です。

USDJPY SHORT +27.5pips

昨晩、就寝前にエントリーしたSWINGポジション、午前中に決済しました。

今週が始まる前の日曜日にDiscordの【シナリオ部屋】に公開した分析がこちらです

ばっちりはまってくれましたw

上記の配信サービスを受けたい場合は、FX専用・BB式ロジックにご加入ください。1月31日まで特別価格にてお届けしております。詳しくはメルマガよりどうぞ。

CNBC:トランプ大統領独占インタビュー

Watch the full CNBC interview with U.S. President Donald Trump from Davos

昨日のダボス会議での独占インタビューです。市場に絡むなら必ず見ておくべきなので貼っておきます。メディア嫌いですがインタビュアーがお気に入りの人のようです。

要約しますと

  • 米国経済は堅調である
  • 世界中がうらやむほどの堅調さ
  • 今年の終わりにかけて特に欲になる
  • FEDの利上げは大間違いだった
  • マイナス金利を導入すべき。少なくとももっと利下げすべき。
  • 欧州は非常に難しい相手。
  • 欧州との貿易について折り合いがつかなければ厳しい措置をしなければならない。
  • 中国とはいい関係。第2弾も間もなくだ。
  • ボリス(ジョンソン)とはいい関係なので、今後も良い話をする。
  • EU相手に関税はしたくない
  • 税金は更に下げるべきだと考える
  • ボーイング社には失望している。GDPの0.5%を占めるほどの影響力がある企業だ。
  • Appleは協力をしてもらんわんといかん。
  • 日本、インド、中国とは歴史的にこれ以上ないほど良好な関係だ
  • テスラのイーロンとは会って話をしている。評価すべき人であり会社だ。
  • マイノリティの失業率は史上最低、黒人の就業率はこれ以上ないほど上がっている。

箇条書きですが、ざっくりと自慢話を20分ほどしていました。

これ、行ったことどれだけが嘘か本当かはわかりません(笑)

言うのはタダ、ってことですね。とりあえず。

1月24日:マイナス金利は社会を壊す

今日の指標はこちら

PMIの数値ですが各国製造業は軒並みマイナスで、サービス業は横這いかプラスになる傾向があるとおもいます。米国も含め、現在の下火である「現実経済」はかろうじて「サービス業」に支えられており、サービス業の数値が下降線になれば=消費が更に冷え込んでますよ、というシグナルなので、本格的にヤバいよってことになります。

FEDのバランスシートは借金額が異常数値になっていますが、まだこれからマイナス金利に向かって利下げをしていきます。そしてバランスシート自体を拡大します。2018年の利上げについて大統領は「FRBのビッグミステーク」と非難していましたから、金利に圧力をかけることでマイナス金利までもっていき、お金は相変わらずじゃぶじゃぶに刷っていき、借金を増やし続ける。

しかし、大統領はこの「借金もきっちり返せるのだ」と断言していて、そのメカニズムと返済方法のひとつは「マイナス金利導入」だとも言っています。

トランプ自身日本がマイナス金利で現実的にどうなったのかを知らないわけないんですが、無知な国民の大多数には「マイナス金利」の意味さえもわからないわけだから、どうでもいいんでしょう。安倍もトランプも無責任だから、ずっと市場に「麻薬注射」を打ち続けて、自分が関わっている時に株価の下げ留めをして、周囲の友達が大儲けできればそれでよいわけですな(自分自身もね当然)

日本が2012年からたどってきた道、おぼえてますよね?多くは忘れちゃうんですけど。私はしっかり記憶していますよ。デフレに苦しみ、付け焼き刃的な政策でマイナス金利なんてありえない(お金を預けるために銀行に手数料と金利を払うという異常)ことが普通に起きてしまい、そのせいで借金地獄に陥っている人、どれだけ増えたでしょうか?

むしろカードを使ったりローンを組んだりすることが「営み」の当たり前と思っている風潮はありますよね。金融と社会の仕組みとしてカードを使う事やローンを組んで信用を積み重ねることは大事なので、個人も企業も必死。支払いがと何処っていないうちは良いけど、これが止まるとどうなる?遅れたりするとどういう行動に移りますか?

また借り増やしていくんですよね。低金利だからなんとかなるとおもって。米国の中流層はまさにこのスパイラルにいます。まだ今はいいでしょう、ペイもそこそこいい仕事についているし、これが日常だと自分に言い聞かせて時間を切り売りして生きている。

だけど、決して楽じゃない。そうですよね?

低所得者層も含めて、まぁまぁ苦しい生活をしている人がなけなしの貯金をして、その貯金の「価値」が下がる理由を作っているのがですよ、中央銀行が皆さんにお知らせすることなくやっているQEです。お金をじゃぶじゃぶに刷りまくって、分母を増やす=紙幣の価値を下げる。

経済は非常に複雑なのでこの一つの視点だけでロジックが成立するわけじゃない。しかし、ややこしくしているのは銀行やシステムの方で、いま私たちがいる世界というのは、10年サイクル(7~8年なんですけどざっくり)で破綻する仕組みです。

マイナス金利で人々の心が壊れていくこと、目の当たりにしていませんか?日本では中間層が低所得層に入り、平均収入が下がっています。数字的には下がったとは国は言わないが、お金の価値が下がってるのだから、持っているお金の価値は下がるのは当然。

お金にまつわるストレスがすごくて、TVじゃ何かと誰がいくら稼いでる、年収はいくらだという話ばかり。別にいいんですよ、金の話をするのは。汚いことじゃない。お金は大事ですから。だけどゴシップ的に意味のない会話をするのは時間の無駄。

流すべきはお金の稼ぎ方であるべきです。時間を切り売りして、一生懸命働きなさい、そして貯金をしなさいという大嘘を教えるべきじゃない。子供たちが見てるんだから、本当のことをいいなさいよ、って私はいつも思っています。

YouTube見ている方が本当の事伝えてますよね(笑)

メインストリームはそんなものです。関西商人の有名な格言があります。

「嘘は付いたらあかん、でも、ほんまのことは言わんでええ」

これが世の中の真理です。

目を覚ませジャパン。マイナス金利を導入している銀行なんて潰れてしまえばいいんだと本気で思った方がいいですよ。資産を管理する方法はいくらでもあります。銀行はうまく利用してください。お金を換金するときだけです。ムカつきますけど、自分のお金を引き出したり移動したりするだけで手数料取られるって。手数かけてんのはこっちだろ、と言いたいでしょ。

日本社会は崩壊していて、日本の良い価値の継続、幸せ感が非常に低い国になり下がってしまった。経済状況が良いのか悪いのかわからない、なんだか世の中良いよという人と、全然かわらんよ、むしろ悪くなったといろんな意見がありますよね。

これは国から正直できちんとした説明がない状況です。良いよという人はそこそこまとまったお金をもっている一握り。あとは横這いからダウントレンド中じゃないですか?そして上がる気配もないブラック的な企業、ホワイトなら稼ぎが少ないなど「働き方改革」なんて、はぁ?なに?じゃないですか?

日本人は我慢強いからね。ここが問題なんだ。日本人は無形の美徳を良しとしてるが、本来すべてマネタイズされるべきなんだ。無形に価値がある時代はある意味終焉にきているし、本来、無形に価値があることこそ、お金に換えられるべきなのだから。

でも、お金のことを言うのははしたない、という間違った教育を受けているから感覚的に「ちょっとな」となるでしょ。これ自体が問題。

世界で多くの金持ちがユダヤ人です。ユダヤ人って1セントまで数えて割り勘が基本。大盤振る舞いする人もいるけど、まぁ細かいよ。だけど、気持ちがいい。ちゃんとしてる。お金の価値をわかっている人ってみんな基本は「ケチ」です。こうじゃなきゃお金持ちにはなれないからね。

で、あからさまにお金の話をするのことをいとわない。そういうものだから。日本人でもそういう人いるし、私は付き合いやすいなと感じる。

どんどんお金の話したほうがいいです。稼ぎ方はとくにね。

ちょっと長くなりましたが、皆さんにはしっかり考えてほしいとおもいます。私のこの話をよんで、え?とかは?とか思う人は、今年こそ価値観を大きく変えるときですよ。世界水準とは何かを真剣に考える時期にきてます。ガラパゴスで終わりますか?

一生世界から取り残されて終わりますよ。

がんばりましょうね~w

日経は現在(11時半)横這い。昨日のNYも大幅マイナスからほぼ横ばいにもどしました。中国・武漢市から発症したコロナウイルスの被害が拡大、交通封鎖が発動していますが、スイスのWHOは「非常事態宣言」を見送るとして、株価は上昇。

うーん、ここにもちょっと大人の事情がありそうですが、いろいろまたリサーチしてご報告したいと思います。

USDJPY LONG +2.7pips

今日のトレードです。激しく動くGOLDではなくデイトレなイメージで入りましたが、ドル円の動きは遅い(笑)数pipsで終了。長期目線からのリトレース狙い。まだ伸ばせそうでしたが、しれっと利確。

GOLD LONG +6pips

ある理論に基づいたトレード。最近Signalでは皆さんこの理論で稼ぎまくっている。はまる場所があまりにも多くてビビるということです(笑)

皆さんも後れを取らないように、今月末が締め切りとなります。案内はメルマガを参照してください。

15時

メインストリームではSARSと比較するなど中国の対応についてと、今後の推察をしていました。まだ情報が足りないといった印象で5分も見ればわかるようなニュースを延々1時間くらいかけてやっちゃうところがTVの無駄なところですね。

それはさておき、日経はプラス31円74銭で終了。日中は小幅動きで最後は少し売られました。材料不足ですね。市場の注目はブレグジット法案可決と、その中身、そして米中合意についてでしょうか。弾劾は茶番なので触る必要もないとおもいますよ。トランプが辞める・辞めさせられるはロト6で一等当てるより確率低いと思います。

夕方に入ってアーリーロンドン。今日は軒並みPMI数値の発表がありますが、注目はECBの要人発言です。ユーロ、ポンド共に強くトレンドが出るかもしれないので、様子を見ていきましょう。

GBPUSD SHORT +7.2pips

18時半の指標結果がこちらw

【指標】1月英製造業PMI速報値 49.8、予想 48.9ほか
1月英サービス部門PMI速報値 52.9、予想 51.0
1月英製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値 〔予想 48.9〕 (前回発表値 47.5)
1月英サービス部門PMI速報値 〔予想 51.0〕 (前回発表値 50.0)

てことで、GBPが一気に買われる動きに。突発的にM5で窓開けて飛びましたが、戻しを撮りに行きました。瞬間的な事でしたので、あっという間に決済。指標は味方につけるとたのしいですよ。

GBPUSD LONG +13.8pips

指標後の非常に大きな売りからのロングです。狙い撃ちです。これはSignalで配信したトレードです。皆さん大きな利益につながりましたよ。

GOLD夜間トレード

往復ビンタでいただきました。

現在参加可能なサービス:

①【マーケット攻略サロン】

https://forextraderbb.com/bbsalon/

②【FX専用・BB式ロジック】限定動画、最新理論が無料更新。
※マーケット攻略サロン参加権含む

https://forextraderbb.com/fxbblogic/

③【トレーダー養成塾、2020年2月塾生募集中】

https://forextraderbb.com/bbfxtradingschool/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました