【無料版】週間フォーキャスト:11月11日~11月15日

Forecast

こんにちは、今週もよろしくお願いします。

先週の相場について

1週間を通じてガチで張り付いてチャートをみることが出来なかったのですが、NY市場の高騰、史上最高値更新などニュース的には十分すぎるほどのネタが転がっていました。投機筋もニュースや指標をうまく利用する形で23時以降は乱高下する場面が散見しましたね。うまくはまればトレードに活かすこともできたと思いますが、なかなかシビアな相場だったんじゃないかなぁと。皆さんはいかがでしたか?

米中摩擦についてですが金曜日の深夜0時をまたぐ直前にトランプツイートがあり「関税問題」に触れ「関税を段階的に撤廃することにアグリーはしていない」としたことで、ドル円が暴落(円高)しました。金曜日の値幅の半値戻しで引けたので、週末中のニュースと月曜日の寄付きに注目です。

引き続き米中問題はマーケットの焦点ですね。

ユーロやポンドに関してですが10末のブレグジット延期確定、12月の選挙の決定から大きな動きはなく、現時点での相場の流れは「ドル買いか否か」に絞り込まれている様相です。

NY市場が更に史上最高値を更新してくるのかが今後の焦点となります。2020年に控える大統領選に向けて株価は下げたくない意図がはっきりしている現政権は、あの手この手で株価を吊り上げてくると思います。現時点の米国の経済指数は株価の下支えになっていますが、先月末に大手返事ファンドが多くのポジションを(株、為替、CFDなど)解消し現金化したというニュースもありましたが、依然として「強い米国市場」が存在しています。

米国が強いとドル高になり、日経も上がり円安へ。地政学的リスクが低くなったと判断されリスクオン相場となります。市場が「楽観ムード」になると株が買われる、「悲観ムード」やネガティブファクターが報じられると売られる。どちらともいえない状態は横這いと大きく3つに分かれます。

現在はBULL相場です。これがいつ横這いになりBEAR相場になるのかはわかりません。予想しても意味のないことなので、世の中の予想屋さん(エコノミストとかね)に任せておいて私たちは

「事実だけに基づいた分析をして賢い予測を立てる」ことに集中しましょう。

先週の予測

先週お伝えした「予測」がまんざらではなかったなぁと、先ほど振り返って思いました。

EURUSD

追記の予想でも出したように、結果から言えばH4で出ていたショートシグナルが大正解。こちらは遅ればせながらで入ったとしても100pipsは抜くことができていました。実際には170pips以上下落。

ドル高故、ドルストはすべてドルの強さに引っ張られる形となりました。

GBPUSD

乱高下したポンドですが、結果的にこちらもユロドル同様に下落、120pips以上の動きでした。初動でつかむのはどんなトレードでも難しいですが、黙ってショートを入れておけばよかったというトレードでした。

後でチャート見ると、あぁ、やっぱりなぁってね(笑)過去チャートをみてうんちく言うのってマジで簡単ですよね。

NZDUSD

こちらも同じ考え方とお伝えした通りでしたが、きれいに下落。値幅は上記の2つよりは限定的。

USDCHF

ドル高によりFibo50%をホールドし上昇。レンジ相場となりました。予測としては①のPA見ながらここからロングが正解。「黙って入っても勝てている通貨ペア」と言った通りに入っておけばよかったってことですね。追記の予測でも同様につぶやいてますね。

USDCAD

こちらは2.1pipsだけ取ったトレードがあったんですが、あまりにもスキャに向いてなくて(笑)少額プラスでしたので良かったですが、デイトレでわかりやすい時以外は手出しする必要はないと思いますね。もっと稼げる通貨ペアはほかにもありますからね。

予想としては動きが鈍すぎて、上にも下にもいかず狭いレンジで90pipsほど動いただけでしたね。今後は地味に稼ぐデイトレもしくは固いスイングで行く場合に上げたいと思います。

OIL

こちらの予測は完全に外れといってよいですね。ショート待ちでチャンスが来なかった週、ということですね。上昇エネルギーが維持されたまま水曜に調整が入りましたが、ほぼ同じ値幅で動き(大きな動きなし)金曜日に乱高下しましたが、ノータッチでした。

強いトレンドが出る読みやすい時期、もしくはレンジではまっている時期に改めて使ってみたいと思います。現在はなだらかな上昇トレンド中と考え黙ってロング買っておいても良い、ということでいいんじゃないですかね。

てことで、相場観的にはほぼ全正解、予測としては半分ちょいかな。悪くないです。相場に対して言ったことの逆を行くなんて相場を何年も触ってる人ならわかると思いますが、当たり前のことです。昨日言ったことの真逆の行動するのはトレーダー的には日常茶飯事です。

とにかく臨機応変に立ち回ること、頭を柔らかくして動くことです。

BB式的雑感

先週はドルストで予測をたて実践も踏まえて検証してみたわけですが、スキャで使うのはやはりGBP系が動きとして「予測しやすい」と感じること、GOLDもまた全時間帯通じてスキャに向いているなということでしたね。

引き続きGOLD、GBPJPY、GBPUSDを軸にGBPAUDやGBPCADも検証の余地があるのではないかと考えております。

またですね、毎週出させていただいている「今週の予測」については、先週分を考慮した上でも「相場観」を構築して賢い予測をし、その後の動きを見たうえでご自身のトレードスタイルにはまるものはぜひ応用していただきたいですし、例えばわかりやすく「ドル円は月曜日朝からロングでターゲットはMA200まで」と言ってしまうと、皆さんにとっては考えなくても済むのかもしれませんが、これぞまさにネガティブな事しかなく、脳死の手助けとなってしまうのでわたしから「いわゆる競馬の予想」的なものは出てこないと思ってください。

「今週の予測」の立ち位置としては、あくまでも皆さんが考察しご自身で考えて相場を見る目を養っていただくために存在すべきだと考えております。あなた自身がトレードスタイルと相場を見る目と心を養う手助けになればと思います。

今週の予測については明日じっくりチャートを見る時間を作って出していく予定です。

よろしくお願いします。

コントロール出来ること、出来ない事

よく聞かれることがあります。

BBさんはテクニカル派ですか?ファンダメンタル派ですか?

私は「どちらもうまく利用する派」です。厳密にいえばテクニカル「重視」のトレーダーです。これは間違いない。でも、ファンダメンタルの要素をかなり盛り込んだテクニカル分析をしている、と言えるでしょう。

ファンダメンタルは「相場を動かす理由」の一つです。

チャートはファンダメンタルによって動かされた相場の「取引結果」なので、テクニカル分析がすべてだ!と言い切っているチャートアナリストやテクニカル分析トレーダーさんたちは、ファンダメンタルをあえて見ることもないだろう(大きな指標とかニュース以外は)といったスタンスの方が多いように思います。

私はこれだと非常に不安になるんですよね。なので、ファンダメンタルの要素は自分自身の安心のためでもあるし、コントロール出来ることの一つとして「知っておく」ことに努めています。

勝ち組の中でもファンダメンタルを全く意識していない人たちってどれくらいいらっしゃるのか、具体的な数字はわかりませんが、世の中を見渡しても「勝っているトレーダーさんたち」(本当に勝っているかどうか知らんけど)は概ねファンダメンタルの要素をトレードに盛り込んでいると考えます。

というか、わかってなきゃダメだろ、と考えるのが自然だとおもいますけどね。

取引する時間帯や重要な発言、指標がある時間に数十pips突発的に動く相場に耐えられるだけの資本とレバレッジ管理をしているスイングトレーダーならまだしも、スキャルピングメインで戦っている人にファンダメンタルを意識しないってのはありえないと思います。

少額からはじめてコツコツと積み上げていくタイプのトレーダーさんたちにとってはニュースはプラスになることもあれば余儀なく退場をされる原因にもなるのですから。

ファンダメンタルの要素を無視することはできませんから、面倒だとはおもいますが毎日の経済ニュース、指標発表の時間の確認とその内容、要人発言は必ずチェックしておいてください。突発的なニュースで相場を揺るがすようなヘビーな発言は「事故」と同じなので、ポジションを持っている時に急激に逆行する場面に出くわすかもしれません。

ですから、必ず持ち場を離れチャートを見ることが出来ないときはSLの設定はしっかりしておくことです。トレーダーとして最低限のリスク管理はしましょう。

・ベーシックなファンダメンタルの要素は理解しておく
・コントロール出来ること、出来ない事を認識して、自分ができる限りの事は徹底する。

長期金利と国債について

現在のリスクオン、株高ドル高の傾向は先週の金曜日の深夜、トランプツイートで少々減退した可能性があります。米中が合意するぞという流れから「まだ関税撤廃は合意してないから」というツイートでドルが売られました。

ドル円は高値の109.477円から109.082円まで暴落しましたが、半値戻しに届かずの109.249円で引けました。

先週は米10年国債金利、いわゆる「長期金利」が1.943%まで上昇。1本の陰線を挟んで11月1日から強く上がっています。

国債は安全資産です。満期まで待てば元本が満額返金されるわけで、金利が乗っかってリターンされたらおいしいと考える大口投資家さんは多いわけですね。

現在金利が上がっているということは国債を売っている人たちが多いのですが、売ったお金をどうするかっていえば、リスクを負ってでも利益になる株や為替にお金をシフトしようと考えます。

いわゆるリスクオン相場ですね。国債をもっているよりも儲かるぞ、だから株を買おう、となるわけです。

金利上昇が示しているように現在はリスクオン相場ですから、投資家はこぞって株を買う。金利のチャートが連続陽線の場合は株価だって同じように上がるってこと。

今後、金利が下がってくれば株価も下がってきます。ちょっと時差はあるんですが、ほぼ連動する傾向はあります。

NYダウ(DJI)とUS Yield(US10Y)をTradingViewで並べてみてくださいね。

※ティッカーってところにDJIやUS10Yと入力すると出てきます。日足でいいので確認してください。

ここ数か月はFRBは25BPずつ利下げをしていています。利下げをするよ、とFOMCで表明すると投資家たちはこう考えます。

「なんだ国債を持っててもあんまり儲からないじゃんね。だったら今は国債を売ってそのお金で(米ドルね)株を買おう」となる、一番はっきりとしたトリガーなんですね。

繰り返しになりますが、利下げ発表=株へお金が流れる、というのは劇薬で、株価を吊り上げたい政権の意図がはっきりとここに現れます。

常に「儲かるところはどこね?」と投資家たちは敏感に市場を観察しています。だから、リスクオン相場、リスクオフ相場を意識しているし、それを作り出すニュースにも反応する。

分析なんて大げさな事じゃなくて、ああなったらこうなる、こうなったらああなる、というお金のディレクションを理解していれば(お金の流れ)いいだけです。むつかしいことはありません。

少なくともニュースが出たときに大衆がどのように反応するのか、ってことは概ね頭にいれておくと大けがしないと思いますよ。

リスクオンなのにドル円を売るなんてありえないわけですからね。常識は知っておこうってことです。

ちなみに、トランプツイートがもたらす「わざと炎上させる陳腐な手法」に相場はかなり慣れてしまっていて、良くも悪くも影響力絶大。あえて市場反応しない場面もあれば、もろに食らってしまうこともある。

私の中ではトランプツイートは大事故を引き起こす事を常に警戒しつつポジションを持つようにしています。

トランプは過激な発言でFRBを攻撃したり、パウエルさんを罵倒したり、意図的に金利の上げ下げ(下げろとしか言わない=株価を吊り上げたいから)について言及しますよね。

昨今のマーケットメーカーはAIでトランプやパウエルさんの発言や発言の趣旨もプログラムに盛り込んでいるので、非常に敏感に市場が反応するようになりました。

そんなわけで金利や国債の役割や重要性は意識した上でCFDや通貨ペアへの影響があることをわかっていてください。

今週の予測(最新)

前置きが長くなりましたが、ドル高継続のファンダを踏まえたうえで、GBPUSD、EURUSDを●●●●目線でいきます。

しかし「米中は合意に至らなかった」という声明が突如でて、米中双方に悪口を言い合うなどこれまで同様のことがありましたが、また繰り返す可能性は排除できませんので、アッサリと上記の予測を覆すような動きをすることも頭の隅っこにはいれておきましょう。

株●・ドル●の●●●●目線継続であればドル●●の方向で攻めていきます。

てことでGBPUSD、EURUSDは●●●●●●、USDJPY、USDCADなどは●●●●●●ということで。

個別のチャート、ターゲット、エントリーのタイミングなどは後ほどチャート画像出しますね。

GBPUSD

日足です。移動平均線をちょっと検証中でございまして、EMAの500が増えております。トレーディングの世界でいう「大口」であるヘッジファンドさんたちは常に週足・月足ベースで相場を動かしているといわれます。

彼らがEMA200の次に見ている大きな軸はEMA500です。かなり強く反発する場面があるので検証してみてください。

今週も先週の流れからダウントレンド継続の視点で見ていきます。シンプルにSELLでよいと思いますが、3月の高値から9月の安値にFIBOを引いて●●周辺でダブルトップの高値が右肩下がりからの連続陰線のながれですので、このまま半値戻しまですんなり落ちれば良いかなと。90pipsほどありますね。

ただし●●●●●●●的にはすでに、、、<中略>、、、 が良いでしょうね。

エグジットの目安はEMA200がサポートするはずなのでPAを見ながら一部利確からの更なる下落を狙うか、全利確ですね。<中略> ところまでホールドとしましょうか。

金曜日にダブルトップのネックラインを30pips下へ抜けているのでさすがにだましはないと思います。ダウントレンド継続とみて良いと判断します。後は落ち方ですよね。

トリガーとなる判断材料はファンダメンタルでもありますが、常にニュースはウォッチしながらポジションをとっていきましょう。

4時間足を見ます。

白いMAが●●●●●●です。金曜日引け前の8時間でブレイクしているのがわかります。最後の足も上髭が長いので、このままきれいに陰線を踏んでいくのではと思いますが、戻りを待つ=●●●●●●●●動きを注視しながらエントリーのタイミングを計りましょう。

H4では●●●●●●がFibo50%の上にあるので、最初のターゲットはここ。理想はいったん●●まで戻してからきれいにリバーサルを形成してからの下落ですよね。

<中略> 3一旦戻りがあってからのショートでも十分pipsが抜けると思います。GBPは値動きが激しいので焦って入らなくてもよいと思いますよ。

1.28200あたりまで戻してきてからのショート、が狙いです。下位足を見るとMAの乖離を埋めてくるように見えますからね。ただし上への動きが限定的と判断します。大局は下です、↓。全然↓です。

1.28200までの戻りが40pipsくらいあるので、場合によってはロングでスキャル可能性もありますね。

月曜日は北米市場がお休みなので東京時間を見ながら欧州でトレードしたいと思います。主にスキャです。GBPUSDに関してもスキャ対象ですが、今回の予測のように今週いっぱいのスパンで考えてみたいと思います。

では、よろしくお願いします。

AUDJPY SHORT +12.1pips

今朝の仲値前の円高の動きを取りました。入ったタイミング、実はちょっと覚えてないのですが、Currency Strengthを見ながら円のNZDがやたら買われてるなと思ったので底割ったら走るだろうと判断しました。朝一番なんでロットは半分で控えめです(私にしては)

<中略> 見えている最後の足の1本前にリバーサルと判断し<中略>サクッと利確。

EURAUD LONG +8.2pips

こちらはPB的にもAUDJPYの逆の動きをしていたEURAUD。11時過ぎのうわ抜けまではシマウマでノータッチ。長期が1時間近く張り付いて中期も短期も下げる勢いもなく上にいたので10時50分の押し目でMA20タッチあたりで入りました。抜けるところではなく押し目・戻り目のMAタッチで入れるようになるとPIPS結構稼げると思います(あまり動かない値幅のない相場でもね)

<中略> 利確 is the best choiceなんで常にね。

このチャートの場合は切り時がわかりにくいとおもうので、解説しておきます。

上値を追いかけるような、それもあまりボラがない場合って、<中略> 利確ポイント候補を探します。

幸い<中略> 私はここで切りました。この切った足が陰線になるまで2分半ほどかかっていて最初は動きなく十字線だったんですよ。なので、まだうえいくかなぁと思ってたんですが、矢印が出たのでサクッと。シグナルの上手な使い方の一つですね。

まぁ、あとはMAからの乖離、水色の<中略> もしくはMA20や中期MAまで調整するかも、とおもったらさっさと切っちゃうのが良いと思います。あっさり陰線踏まれてマイナスになることなってざらなので。何度も言いますが、利確 is the best choice。ただ、サッサと早くに切りすぎて利益を伸ばせないのは勿体ないので、

今回のような <中略> 確認しながらPBもみつつ、って感じで行くとよいですね。

この場合はAUDが買われ始めると下落のスピードが速くなるので、AUDJPY、AUDUSDが上昇する動きを見せたらサクッと切っちゃうのが正解でしょうね。

追記:GBPUSDの予測修正

週足を見るとですねぇ、もう一段回上があると考えます。ある移動平均線に阻まれたロウソク足が先月からシマウマ状態。前週の下落そして上値が徐々に切り下がっているところから推察できるのはそろそろ落とすよってことですね。

週足でダウントレンド継続と考え、<中略> となると今週はエントリーできないかもですが

  1. 上へ踏みあげるところをロングするか(下位足で入るポイントはでてきますよね)
  2. 来週まで待ってショートのタイミングを計る

この二つですね。入るポイントは各自下位足をいつも通り確認してください。サインは山ほどでていますので。今夜はちょっと疲れたのでここらへんで終わります。また追記しますね。

11月12日

おはようございます。

GBPUSD落ちてきちゃいましたねぇ~(汗)中途半端に30pipsも落ちてきちゃったので今日の動向を見ながら、デイトレ的なポジションとりたいところですね。

昨晩のGBP買いの暴騰の理由ですが、英国内で保守党とブレグジット党それぞれで意見を一致させたという趣旨のやり取りが好感されたと思われます。1月のブレグジット実現に前進したという前向きなお話でGBP買い。ここにHFの大金がぶつけられ、、、。ちょっと上げすぎやろってくらい上げたのでもちろん、しれっとショート狙いました。

GBPUSD SHORT +9.7pips

H1チャート、大陽線に長い上髭、次の足から入ろうかと超短期で逃げると決めていたので(予測通り基本はまだ上目線なので)5から10pips以内の利確としました。

で、入った足はM5でみて徐々に上値切り下げたところ(21時50分)ダブルトップ形成からの下落。22時過ぎにシグナルが出たタイミングから更にもう一度上値を試す動きがあったときはヤバいかなと思ったんですが、結果トリプルトップの形からMA20へ下落。これで十分として利確しました。

ちなみに上の黄色のラインですが、、<中略> 現在値は●●内にありますね。

もう一度振り返るとですね、週足だと大局は下目線ですから、売っていくのが基本だと思ってよいでしょう。長期目線ではSELLが正解。

ただし、今週はデイトレでいったん上がってからの下げを取りたい、と考えてますよね。スキャでは上記のように上がったら売る、下がったら買うの、時間足ベースでトレンドを見極めて細かくトレードです。

昨日はNY債券市場がお休み。ボーイング社の株が急騰したことでNY市場が下支えされたようで、ちょいプラスで引け。結果3日連続のプラスで高値は更新中。微増ですが下髭陽線つけてるので、まだ上がる余地はありそうですね。

NYはバブル期に入ったのか?と思うほど市場全体に勢いはありますのでドル円も110円を目指すだろうし、ドル高はこれから更に拍車がかかるかもですね。年末に向けて更に高値更新をしていって1月に下げる、というシナリオ、もしくは昨年同様12月暴落も一応覚えておくとよいでしょう。

ただ、香港情勢が足かせになる可能性高いですね。世界経済全体にどのように波及するのかを頭の隅っこにおいておくべきかと。状況が悪化すれば円買い・ドル売り、GOLD買い。

今日もじっくりみていきましょうか。

ちょっとだけ今日の市況

先ほどのお話の延長で、昨日のダウは微増、日経先物はプラス30円で微増、今日の日経は横這いから始まるかなと。ファンダ的な何か大きな要素があればわかりやすいですが、香港の影響が朝から出るのか注視。10時以降台湾・香港・上海市場の開場のタイミングは注意。

ブレグジット関連の要人発言は一応チェックしておいてください。今日も少し進展があるかもしれません。

私は夕方以降から参戦です。では、よろしくお願いいたします!

GOLD SHORT +66.8pips

今日は息子の七五三で神社へ行ったんですがご利益ありました。

エントリーは10時40分(赤縦線)GOLDは朝からレンジなんでいずれブレイクすると読みましたが、ショートにいったのはファンダ的な支えとしてリスクオンの状況であること、動くなら夕方で、ダウントレンド継続中なので上がっても限定的と考えていました。

14時過ぎから下落し始めたところは目視できていたので(アラートで直近の安値ブレイクで鳴るようにしておいた)いざ落ちはじめたらこれは早いなと思った通りにいきました。30pipsあたりで切ってもよかったんですが、15時で踏ん張ってMA20まで戻せばTP、もし落ちればそのままホールドと決めて監視。30分ほど待った甲斐あり、ガッツリ抜けました。

外で用事をしているのでレンジで動いている間は一切チャートを見てやきもきする必要もなかったんで、結構あっけない感じでしたね。

スキャルピング至上主義であはりますが、デイトレ的にLCされたらあっさり負けを受け止め、改めて先に進む、くらいの切り替えと覚悟が出来ていればよいなと。

デイトレはある意味スキャよりも感情抜きで淡々と機械的にやることでしょうね。

EURUSD SHORT+8.6pips

このトレードはH1で入りました。もう少し長く持てばよかったという後悔はありますが、2日前、前日の安値にタッチからの反発あたりで利確。結局した抜けちゃいましたけどね。

ユロドル、もっさりです。3時間ほどかなホールドしてたんですが。結構あっさりプラテンしたのでちょいちょい確認しながらだったのでストレスフリー。

直近のトレンド(強い上げの後)をザックリフィボナッチをみて38.2あたりをした抜ける直前ですね。MA全部抜けたんで強かったです。今週の頭に話した「ドル高」がくればというトリガーとして完璧。ドルめっちゃ強いですね、いまも。

結構楽なトレードでした。

GBPUSD SHORT +20.3pips

こちらも同じ。ユロドル同様にドル高でしたね。

今日のGOLDの下落が14時から、ドル高の様相で同じようにEURUSDもGBPUSDも売られるのかと思いきや同調せず。動き出したのは16時、GOLDの2時間後でしたがラインブレイクからの強い抜け。M15、M5チェックからのブレイクからのエントリーでした。

ライン分析は基本中の基本です。オーソドックスな方法ですが、節目にあたる場所、キリバン、前日安値高値、意識される転換ポイントで反発するのか否かをどう探るのか?フィボナッチの半値戻し、ブレイク前のレンジ値幅を計り、、、など基本をもう一度おさらいすると発見があるとおもいますよ!

11月13日

おはようございます。

今日は午前中にトレード1発。ライン分析しっかりするとこれくらいは楽勝なんですねぇ~

RBNZの利下げ据え置きの発表でNZが爆上げ昇竜拳。高値からのショート狙い

NZDJPY SHORT +8.2pips

直近の高値などはあっさり抜いていったので、指標後の動きを狙う。戻しはそれなりにあるのは見えていたので早々にエントリー。踏みあげられたらあっさり切るくらいの覚悟で入ってますが、上位足確認してもここまで急激な上げに対して更なる上げはファンダ的に理由がない限りはありえない。

ってことで結構あっさりとエントリーしエグジットしました。

ライン分析、ロウソク足を読むこと、基本中の基本から始めるのもありですよw

11月14日

おはようございます。要人発言から昨晩の出来事などチェックします。

13日10:00 RBNZ声明
「政策金利を1.00%に据え置き」
「必要なら一段の緩和を実施する」
「金利を低水準に維持することは、インフレ・雇用目標の達成に必要」
「低金利と財政出動が、国内需要と家計を支援する」

13日23:34 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「経済が軌道を維持する限り現行政策は適切」
「基本的な見通しは良好だが留意するべきリスクもある」
「景気悪化時は財政政策による支援が重要」
14日01:30
「労働市場が過熱しすぎているというシグナルは出ていない」
「インフレは横ばい」
「高インフレよりも低インフレのリスクのほうが大きい」
「低金利だから、政府が負債を無視してよいというわけではない」
「国債の増加は持続不可能」
「現時点でマイナス金利は適切ではない」
「FRBは政治的な要因で政策を考慮しない」
「政策はデータに依存しており、適切に機能している」

14日02:26 トランプ米大統領
「自動車関税についてかなり近いうちに決定する」
14日04:47
「欧州はもっと難民を引き受けるべきだ」
「エルドアン・トルコ大統領は最新鋭ステルス戦闘機F35について上院議員と話している、うまくいくと予測している」

昨日はまず10時にRBNZの金利据え置きのサプライズ発表からNZDが爆上げ昇竜拳。私は反発でいただきました。

夜はパウエル議長のお話と大統領弾劾に関するヒアリングがありましたが、特に真新しい話はなく、パウエルさんは非常に慎重に言葉を選びながら市場に悪影響を与えないように発言されていたようですね。現状維持が良いと判断しているんでしょう。

ヒアリングについては詰まる所、弾劾はない、と判断できるでしょう。要するに大統領に違法性はなく、いろいろ言われてるけど野党が足を引っ張って騒いでいる割に弾劾にまで発展するような事ではないってことで。

香港の激化ぶりが気になっていて香港マーケットに悪影響が出ていますが、アジアにもどう波及するか。

今日は内外で重要発表が午前中にもあるので、時間チェックしてくださいね。

昨日の夕方以降のトレードです。

NZDJPY SHORT +17.5pips

昨日の高値からのプラス8.2pipsの後、改めて入りなおしてブレイクアウト狙いでばっちり抜きました。ターゲットも明確できっちり端まで取れたトレードでした。

GBPJPY SHORT +14.9pips

こちら夕方以降のトレードでブレイクアウト狙い。非常にわかりやすい円高の動きだったので素直に入ればOKでした。

どこが節目か、何がサポートになるのか、どこで抜けるのか(反発するのか)を大局で分析できていればなんてことないトレードです。

GOLD SHORT +21.5pips

こちらはちょっとドキドキしましたが上のサポートがかなり強いのはわかっていたので抜けてしまえば潔くLCすると決め、ロット4発突っ込みました。2発はナンピンの形でしたがこらえてくれました。

21時台にSignalで「22時以降がっつり下げると判断しています」とつぶやいたのですが22時5分前あたりからきれいに反発し、MA100まで落ちてきたところをしっかり利確。分析がドはまりした形でした。

GOLD LONG +12.9pips

今日は夕方にサクッと1本。午前中にEURAUD1本あったんですが、ZOOMが終わってすぐに建値で逃げました。AUDがぶっ飛んだ後に調整波待ちだったんですが、こちらは結局上昇トレンドにのってしまいましたね。逃げて正解。

さて、相変わらずボラがあるGOLD。午前中のレンジから13時に直近のレンジ高値を抜けるもMA20へ戻されたところからロング。押し目買いです。

<中略> もし下に割れてMA200をぶち抜くようなら切ろうかと思いましたがきれいに上がってくれたので、プラテンしたら10pipsはあるなと読んで3日前の高値で切りました。この後爆上げしたですが、これも私的にはあるあるです。

「私が切れば伸びる」

でも、良いんですこれでw 勝てば官軍。

トレード根拠はこれまでBB式で検証しお伝え続けていた「勝てる手法」である、フィボナッチ、3ライン、MTF、サイクル、値幅、節目、キリバン、キリの良い時間、直近高値安値、、、山ほど根拠はありますよね。

過去に蓄積したBB式ライン分析法、きっちり適応しましょう!w バイナリーだけでなくFXや先物、チャートがある世界ならすべてOKですよ~

BB式ロジック、勉強されたい方はいつでもご連絡くださいませ。

11月15日

おはようございます。金曜日です。

今日は坂本龍馬さんの誕生日なんですよね。旧暦なので信憑性はわかりませんが。ちなみに暗殺されたのは12月10日です。実はですね、私の母も誕生日なんですよ(笑)

年齢を聞いてびっくり。80歳です(わお)いやぁ長生きやわぁ~ 孫が上から8歳、6歳、5歳、0歳といるのでこれから15年は頑張ってもらいたいと勝手に考えております。

おふくろ、誕生日おめでとう!!長生きしてや!!

さて、今朝はちょっと市況とドル円のお話を。

まずは要人発言から。今回からインラインでディスります(笑)

11月14日の主な要人発言(TradersWebより引用)

14日09:37 西村経済再生相
「消費を支えるファンダメンタルズはしっかりしているが、消費マインドは低下している」
「デフレに戻らない状況という意味でのデフレ脱却は道半ば」

消費を支えるファンダがどこにある?相変わらず国はアホ。税金の無駄遣い、でも増税という愚行を施行して消費マインドが低下するような事しかない。桜の会ネタがメディアを賑わしているということは、これ以上の問題が起きているってことだと思った方がいいでしょうね。政府が隠蔽したいことがほかにも山ほどあるんだろうね。

増税後の消費の落ち込みの実態なども開示しないし、政治家・官僚は相変わらず身勝手で無責任だなと日々痛感。

デフレに戻らない状況という意味での?は?なに? デフレ脱却どころか実体経済は株価のつるし上げ(国介入)で数字と実態に乖離がありすぎるので、いずれこの乖離は埋まるだろう。要するに株価暴落ね。you guys身構えてよ~w

14日10:07 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「10月に決定した今年3回目の利下げは支持していない」
「現時点では金利を据え置き、推移を見守るべき」
「景気は堅調だが、世界の成長減速、低インフレ、貿易などが脅威」
「インフレ率は、今後18-24カ月で2%に到達する見通し」
「米国の成長率は、2019年は2%をやや上回り、2020年は2%前後」
フィリ連銀総裁はタカ派なんで現状に対して淡々と現状を把握して冷静に反応してる。空気を読み倒して言葉を選ぶ議長さんとは対照的。両方必要ってことね。ま、いろいろ言われるけど米国のこのレベルの人たちは優秀だわ。日本も見習えよ。付け焼刃大臣の勉強不足は否めないからね。

14日18:55 デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
「データは欧州経済がリセッションに陥っていないことを示しているが、潜在力を下回っている」
「ユーロ圏のインフレショックに無関心であってはいけない」

14日20:14 レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼首席エコノミスト
「為替レートは金融政策のターゲットではない」
「緩和政策は貿易収支へポジティブな効果」

14日21:40 ショルツ独財務相
「独経済はさらに減速しているが、危機ではない」
「独経済は回復力があり、世界的に見れば活発的」
「強い独成長の一部には政府の戦略が影響している」

14日21:46 ビルロワドガロー仏中銀総裁
「短期金利の底入れが近いと予想することは合理的」
「欧州中央銀行(ECB)のインフレ目標の定義を明確化することは必要」

14日23:10 クノット・オランダ中銀総裁
「金融市場は今の成長またはインフレ上昇を妨げる状態ではない」
「当局者は従来とは異なる手段を使用する場合、より慎重かつ強力に行動する必要」
「現在のインフレターゲットを諦めない」
「1%よりも2%のインフレが好ましいかは、様々な操作余地があるからだ」
「マイナス金利よりも量的緩和のほうが副作用は大きい」

つまるところ欧州は各国(ドイツを中心に)経済成長が鈍化しているので、刺激が必要ということはドラギ元総裁が夏からずっと言及している。成長率はあがってこないし現状インフレターゲットである2%には達していないとなると、上記のような発言に終始するわね。マイナス金利を導入した国が多くなってきて、今後の様子を見ていく感じでしょうね。年末に向けて米国が上向きの中、欧州は横這いからむしろ下目線ってのは世界経済全体にネガティブな影響は否ません。

15日00:15 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「米経済は持続的な拡大の可能性が高い」
「米債務は経済より速く拡大しており持続不可能」
「他の景気サイクルに見られた警告シグナルは見られない」

パウエルさんの、米経済ポジティブ発言の裏付けとして株価指数の下支えがあり、彼の言葉でさらに買いが膨らむこと、勢いが増す可能性があることを十分に理解した上での発言。ただしっかりとしかしやんわりと釘をさすのは彼らしく、債務が経済より早く拡大している、ってところ。これは国の借金が増えることは経営的に間違いではないが、借金の数字が一定額に達すると経済がはじけてしまう過去の事例に基づいた発言かなと。最後の「他の景気サイクル」という「他の」が内を指すのがわからないのだけど、少なくとも逆イールドについては言及せずそもそも重きをおいてないことがわかりますな。
前向きな発言ということで、S&P500は昨日も最高値更新。
15日02:21 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「米経済、金融政策は良い状態」
「見通しに著しい変化があればFRBは政策を調整する」
「低インフレは高インフレよりも大きな懸念」
「FRBの利下げは継続的な潜在的リスクに対する保険」15日02:29 ブラード米セントルイス連銀総裁
「より正常な状態にあるイールドカーブは経済に強気になる可能性」15日02:42 メクラー・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)理事
「SNBは必要とあらば為替市場で介入する」
「世界経済は不確実性に悩まされている」15日03:12 カプラン米ダラス連銀総裁
「今年の米国の経済成長は2%より若干上回ると予測」
上記の要人発言は米国発信のものはプラス発言だが、中立国スイスの理事については、懸念を表明。欧州が混とんとしているのは受け止めなきゃいけないですね。米中摩擦も大きな問題ですが、欧州各国の動向は影響力ある国から順番に精査が必要かもな、と考えています。

さて、ドル円

4時間足。ドル円はきれいに引けたトレンドライン下限を割っちゃいまして、長期MAの下、超長期MAの上に推移。この2時間ほどで長期MAを上回って、レンジ上限を目指す勢いがあるのか?と見えますが、MAが明らかに下目線になってきている中、中期MAをきっちりうわ抜けるまでは安心できないですね。

ダウントレンド継続となると、トレンドラインを下からタッチして下落モードに入ると108円台を割り込むことになりますので要注意。

レンジ上限まで上げるかなとは思ってますけどね(短期上目線)ただ、昨日のダウが横這い、S&P500は最高値更新(微増)なので円安方向へ強く上げる理由には直結しない。日経が今9時を回って微増から寄り付いてるので、ここから上げるかどうか、です。

GOLD SHORT +19.9pips

根拠:昨晩からの強いダウントレンド、円安・ドル高、MA200の攻防からのオーバーシュートととるかしっかり下げるかの見極めは、●●●●●連動を確認。判断としては●●●●●●●●が●●●●●動きになる直前あたり。どうみてもエネルギーがないPAで判断。踏みあげられても上のMAで追撃すればよいくらいの気持ちでした。その後順調に下落しSLを巻き込みながら結構なスピードだったのでサクッと決済。

GOLD SHORT +26pips

MT4も見つつ、TradingViewも並べてみています。使い慣れると非常に便利ですよ。

さて夕方のトレードです。チャートは平均足。新手法と組み合わせて効果的なあるインジをテスト中

以前、実はBOP用の順張りロジックを構築するかどうか協議をしたときに上がったインジの一つで(もちろんこれだけではなく複数のインジをいじり倒すのですが)トレンドの転換ポイントを見極めるために活用している「新手法」と「新技」ロジックに補強になるファクターがあれば、更に脳死が加速的に実現できるかと(笑)

ま、要するに深く考えずとも一定の条件が満たされたら、という私のようなラクしたがりな阿呆にとっては更に阿呆になる方法はないものかと模索中ってことです。わはははは。

冗談はさておき、非常に有効な手段として更に勝率の精度があがっているので結構ヤバいですよ~w

BB式ロジック、勉強されたい方はいつでもご連絡くださいませ。ファンダメンタルとテクニカル分析の基本からしっかり勉強してFXで稼ぎましょう~w

そして、この新手法2?3?(笑)もしっかり学ぶことができますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました