【無料版】週間フォーキャスト:12月9日~12月13日

Forecast
今週の無料フォーキャストは年内終了ということで特別に有料版と内容が同じですのでお役立てください。この内容よりさらに充実したものを「サロン内」でお届けいたします。
フォーキャストではザックリとした解説ですが、Signalではチャート画像と更に突っ込んだ分析と解説を日常的にしています。また、実況もエントリー直後にポジション(平均レート)を出しています。

先週の相場について

先週の前半は普段よりも多めにチャレンジしてエントリーしました。雇用統計がネガティブに出ると読んでいたのですが、見事に裏切られる形に。

ADPがマイナスに出てなぜここで?サプライズで馬鹿みたいに上げていったドル円、売られるゴールドからの株価上昇。バブルの極みを見ているわけですが、通りで発表前に大統領ツイートがなかったわけだ。

御仁は事前に報告を受けるはずなので発表直前に「米中はいい話が出来ている」ツイートなどで株価下支えや暴落阻止を必死に饒舌に語るのだが。それがないってことは恐ろしいことに雇用者数、失業者数の数字までも手を加えるのか、と感じた次第。

これって可能なのか?と言えば世の中不可能なことはない、と言っておきましょう。

実はでもジーっと数字を見るとわかりますが今回の予想は予想18.4万人に対して26.6万人の雇用増としていますが、このうちの約5万人はGMのストライキから戻った雇用者数なんです。ですから「新規雇用」ではない。差し引いても21.6万人増は微増ではなく立派な数字ではある。しかし、これも本当なのかと疑ってしまう私は間違っているだろうか。

GOLDを手放すほど株を買う方が儲かるのかよ、と突っ込みたくなるほどリスクオンで過熱感が止まらないNY株価市場。史上最高値を更新することはなかったが肉薄して引けた。プラス337ドル。原油高にも支えられて、BUSINESS IS GOOD!!!と馬鹿どもがWall Streetで叫んでいる姿が目に浮かぶ。

金融街では暴落しようが暴騰しようが手数料ビジネスで手堅く稼げるのだから、痛くも痒くもない。むしろ暴騰した方が商いが増え手数料増だからウハウハだ。リーマンショックでもそうだったけど、2020年の株価暴落で多くの企業が倒産に追い込まれ、不動産バブルは弾け路頭に迷う人が増え、失業者数急増、破産宣告する個人増は当然だが、銀行マンや政治屋で逮捕されるたつは一人も出てこないってことをここに断言しておこう。

普段から私は「経済システムの構造上の問題」と言ってるが、目の前に起きている現実が資本主義社会の性。これが10年周期でぐるぐると回る。

株価暴落→リセッション→金融緩和(利下げ)で市場を刺激し株価を押し上げる→銀行が金を刷りまくって貸し出して経済下支え→消費が増える→企業業績がよくなる→株価が上がる→同時に借金も増える→経済堅調→銀行が更なる刺激(利下げ)→バブル経済→借金が史上最高額(いまここ)→株価最高値更新(いまここ)→???

FRB関係者は自分の任期中にリセッションなんて経験したくもないから必死にあの手この手で株価下支えを試みる。だから、金を刷りまくってじゃぶじゃぶにして、タダ同然で貸し出して企業価値のない会社に自社株買いを煽り立てる。

トランプはFRBをあおって、パウエルは馬鹿だ、利下げがたりない日本や欧州を見習え、なんて言ってるけどこいつら全員裏でタッグ組んでいる。同類です。Good cop bad copの役割を果たしている。嘘つきサイコだけど、本物の馬鹿ではない。少なくともビジネス的にどうすれば自分が欲しい結果を得られるかはわかってる。

中国を出しに使うのも、国の税金を使うのも全部ほしい結果のため。我が国も似たようなもんだけど向こうはもっとあからさまです。

先ほど10年サイクルの話ですが、次回のリセッションはかなりヤバいんじゃないかと言われている理由がある。

それは、日本が90年代にバブル崩壊してから30年経っても全くと言ってよいほど実体経済が良くなっていない事。むしろ沈み続けている船のようなもので上がる見込みもない。

マイナス金利を導入してから賃金は上がらないわデフレの極みで生産力が著しく下がって、どうにもならない状態。大規模金融緩和なんて言葉が出回ったときもあったけど、いわゆるアベノミクスは大失敗。この国をつぶして、国民の幸せを奪ったなとおもいます。想像力がなさ過ぎる馬鹿政治家しかいないものな。

日本は格差社会が顕著とはいえ、アメリカほどではないかもね。米国の金持ちって日本の非じゃないし日本には「本当の金持ち」はほとんどいない。米国をみると日本って中流が貧乏だなっておもいますよ。日本全体的に生活水準は決して高くはない。でも、今の日本はモノが安いからそこそこ暮らせるじゃないですか(我慢はしてるだろうからストレスは高い)だけど、やっぱり安かろう悪かろうで、心は満たされていないから「幸福」を感じている人は世界的には低い。当然だなとおもいます。

少子化は更に加速しているし、死んでる人間と生まれてくる人間の数があっていない。30年後にはどうなるか。人口激減で生産力は更に落ちて目も当てられない状況になる。お隣の韓国も少子化が進んでいるし国力もない。まだ期待できるのは未開拓な北朝鮮かな。半島統一なんてあったら一時的にはもりあがるでしょう。でも、中国がこれ全部を掌握するような形になるのかもしれない。これについてはまた後日お話します。

中国が派遣を握ってアジアの中心、世界の中心になるのはそう遠くないですね。でも究極の共産主義国家が力を持つのは恐ろしいですけど。民主主義は「まだまし」かなとは思います。民主主義なんて口で言ってるだけで、どの国も上にいる数%の権力者や既得権益を持っている連中が実権をもっているから、法改正や国の仕組みを変えようなんていっても無理な話。奴らにとて不利な変化は絶対にありえないでしょ。あなたが権力者ならどうしますか?

さて、来週はFOMC、英国選挙があります。利下げはないにせよ、現状は維持しつつ「強いアメリカ、経済堅調!」を謡い続け株価はまだまだ上がりますよ。ダウ3万ドルは目前です。株は上がる。政治も銀行も滅茶苦茶な事をやっていますが、上がるんです。

そしてリセッションが起きると何が起きるか。格差社会なんてものじゃなくて中流階級が全滅して、大金持ちと貧乏人の2つに分かれます。大金持ちが更に大金持ちになる仕組みなので。

アナタはどっちのサイドにいたいですか?

知恵付けて、一生使える知識をつけて、技を磨いて稼ぎましょう。それしか生き残る方法はないですから。

先週の結果

獲得pips = 121.5 – 55.7 = 65.8pips

先週は結構行かれました。結果プラスでしたが、出入りの激しい1週間でしたね。あえて勝負にいったところや、ポジションをとっていくことでリスクを負ったわけですが、リスクをあえて追うことを積極的にしていかないと大きく稼ぐのは難しい。勉強になることがたくさんありました。

今週もイケイケ相場で株価は下がる兆しは(本当はあるんですがまだですね)ないようなので、トップダウンで市場操作されている相場を見ながら、適切なポジションをとっていこうとおもいます。

基本はスキャです。注目はGOLD、原油先物、GBP系。ユロドルもちょっと見ていこうと思います。

この冬読んでおいて損はない良書

私がお勧めするトレードや相場に関する良書です

レイ・ダリオ:PRINCIPLES(プリンシプルズ)人生と仕事の原則

ジョン・J・マーフィー:先物相場のテクニカル分析

12月9日

今週の注目すべきイベント

11日(水)FOMC金融政策発表、12日(木)ECB金融政策発表と英国の総選挙、15日は対中国の追加関税が発動予定日。

今年の最後のFOMCです。現時点では利下げの話はありません。12日は英国の総選挙で保守党が議会でマジョリティーを取るのかが注目。これにより期待感を含めて先週ポンドが買われました(噂と期待で買う、ですね)

15日は関税が発動する日なのですが中国即時対抗するでしょう。米中問題は先週の時点で「いい話が出来ている」と発言があるも、実態も中身も証明されず、JUST TALKに終始。政治ショートの一つですが、中身スッカスカ。為替の乱高下は市場が振り回されているというよりも、馬鹿政治家の発言をうまく利用した大口の取引ともいえる。格好の餌食だとおもいますよ、個人投資家は。

TA的に見ても突発的に動く銘柄へスキャルピング以外のトレードは非常に神経を使います。ドル円やユーロドルのような流動性と取引高の高い通貨ペアは、突発的な動きが限定されますが、オージー系、ポンド系には最新の注意を払って取引をしてください。

今週もお互いをけん制しあう米中の嘘合戦に振り回されないように気を付けましょう。ポジションを持っている時の立ち回り方に、アナタの知識と腕が試されます。バイナリーとは次元の違う話ですからね、徹底した管理能力を習得してほしいと思います。

今週の大まかな方針

週もリスクオンです。米国の経済指標の内容や数字は真逆を示していますが、関係ありませんね。過熱したFAKE相場ですが、原油先物を下支えに株価も上がりますよ。

GOLD SELL、USDJPY BUYでございますよ。アップル、アマゾン、グーグル、FB、JPモルガンなどのメジャー企業がBUYですから。イケイケです。

重要指標は以下:

9日:米国3年債入札(27時)

10日:ロウRBA総裁の発言(7時)、英国のGDP発表(18時半)、米国10年債入札(27時)米)第3四半期非農業部門労働生産性【確報値】(22時半)

11日:米)消費者物価指数、コアCPI(22時半)、週間原油在庫(24時半)、FOMC(28時)、パウエル会見(28時半)

12日:スイス金利政策と幼児音発言(17時半~18時)、トルコ政策金利(20時)、ECB政策金利発表(21時45分)、ECBラガルド総裁会見(22時半)、米重要指標22時半、米30年債入札(27時)

13日:NZ・PMI(6時半)、第4四半期・日銀短観(8時50分)、米小売売上高(22時半)、NY連銀会見(25時)

大きなものだけ出しておきました。それぞれの時間でポジションがまたがないように直前に決済しておくのがリスク管理的に必要です。

サロン開設後の「週間フォーキャスト」について

無料版週間フォーキャストは今年いっぱいで終了します。

引き続き「会員の皆様」へ配信している「有料版・週間フォーキャスト」「Signalを使った実況」を充実させること、そして新たに始まる「サロンメンバーの皆さんへのサロン内での配信」に尽力いたします。

私にとって「BBファミリー」の皆さんが一番大事ですので、養成塾生の皆さん、BB式ロジック会員、サロンメンバーの皆さんが全員稼ぎまくれるような内容ある情報提供に尽力させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

YouTubeチャンネルを充実させていきます

YouTubeチャンネルも一新しました。バイナリーオプションの教材動画など「限定動画」は残っておりますが、そのほかの無料動画は削除しております。

チャンネルもFXと相場観を軸に配信をしたします。2020年はテクニカルとファンダメンタル分析について、経済システムのお話やトレードにまつわる本質的なお話を無料で配信していく所存です。

無料配信はあくまでも「無料の枠」を超えません。「BBファミリー」の皆さんへサロン内やSignalでお話することとは次元が違うということはお伝えしておきましょうw

では、今後ともよろしくお願いいたします。

「BB式マーケット攻略サロン」の詳細とご案内
↑↑↑↑↑↑ サロンの様子です ↑↑↑↑↑↑ 専業トレーダーのBBです。 さて、新サービスのご案内です! そして、今月より「BB式マーケット攻略サロン」を開設いたします! サロンは以下のような方に参加していた...

10時

中国の市場がそろそろ始まります。日経は9時の開場で150円プラスあたりから現在はプラス16円とドマイナスの動き。円買いの動きが強いです。

今朝はGBPJPYで1トレード完了。いい利益が出ました。現在はGBPJPYとGBPUSDのポジション保有中です。

【重要】バイナリーからFXへチャレンジすること

多くの「BB式会員」方がBOを卒業しFXへ移行しています。

FXはむつかしいんじゃないかなぁと感じている方へお伝えしたいのは、

これまで勉強された、バイナリーオプションで通用したライン分析やプライスアクション&パワーバランス法などはFXでも有効だということです。

「時間制限」があるBOの場合、MAを使った単なる順張りのブレイクアウトは鉄板の形として有効でしたが、FXではチャネルや並行ラインブレイクアウトだけを追いかけるのは非常に危険ですし、まずpipsを抜くのがむつかしい。

トレンドフォローは基本ですが、トレンドがいつ始まり、いつ終わるのか、なんて相場の猛者でもわかりませんし、わかりっこないのです。

ブレイクアウトの質を見極めるのは非常に困難です。あ、抜けた、良しGOだ!と入ってみても勝率は決して高くなく、だましに遭って終わることが多いです。

ちなみに、逆張りだけで勝ち続けるのは難しいですが、順張りで深追いするよりはまだ確率は高いとおもいます。

私は世の中にある手法で代表的なものはすべて網羅してきましたけど(日本のね)

まぁ正直いっちゃえば、勝てないっす(笑)それだけじゃまず無理。

日本人が大好きなインジケーターだって入れたら勝てる方法がみつかるわけもなく、これはBOもFXも同じ。

いかにロウソク足を読むか、使うインジも吟味してパラメータ変えて検証に次ぐ検証をやって、、、ですよ。自助努力ありき。

海外の敏腕トレーダーさんはシンプルな平行ライン・トレンドラインとフィボナッチとプライスアクション、非常に大事な環境認識や市場心理を読む方法を用いて、大きなお金の流れをつかみ、その波に乗る方法を知っています。

「勝ち続ける手法」は存在しない。

今日まで勝ち続けていたのに、ある日突然勝てなくなる。そんなものです。

何か一つの手法だけに固執するのではなく、いくつかの手法を掛け合わせて、目の前にあるチャートや相場の流れに「柔軟」に対応することがFXでは特に求められます。

もちろんひとつのしっかりとした理論や手法を3か月毎日やってみて、結果が出る出ないをしっかりと統計をとって検証を繰り返していくうちに、みつかるんですよね。

勝ち方が。

確率の高い勝ち方が、多くの失敗(致命的なダメージを受けずにギリギリで生き残りながら)を重ねながら、実践と検証を繰り返すことで、光が見えてくる。

私は今朝、押し目を拾って順張りで乗っかりました。地合いを確認し、円安方向へ動き尚且つポンドが強い時間帯を狙って、ロウソク足を見ながら押し目待ちをして、少し早めに入りながら分散してエントリー、極めて短時間で数pips抜きました。

Signalでも会員さんと一緒に環境認識の話、現在の株価の動きをリアルタイムで監視しながら、個別の通貨の買われ方や相関性、強弱を確認しながら、ポジションを取りました。

もちろん通貨ペア同士の相関性も加味しつつ、ポジションをとったのは言うまでもありません。

トレードする時間にもこだわっていますし、要注意の時間帯、朝一番動く時間帯に絞りこんでいます。

複数のファクターを加味することが絶対条件ですので、BOのようにいきませんが、FXは時間管理に自由度があるので(BOは入って終わり。転売はあるものの転売するくらいならエントリーすべきではない)結果、BOよりはシンプルにトレードが出来るのです。

ここは理解していただいた方がいい。

でもやっぱり、FXはむつかしいんじゃないかなぁと感じている人は、知識をしっかり付けてから、数か月の努力を一度やってみた上で、本格的に参戦するか否かを判断をすべきだと思います。

毛嫌いをせずに面白さを追求できるようになれば、FXも楽しいですし、むしろBOよりも比較にならないほど稼げるようになりますよ!

サロン開設の目的は「FXのハードルを下げる」ことがひとつです。

絶対的な知識量と自己管理能力を試されるFXですが、時間的縛りが極めて低いFXで、守るべきルールをきっちり遂行すれば、結果はともなってくることを理解してほしい、体感してほしいと願っています。

サロンではいろんな話をします。毎日市況はその日の狙いなどライブ実況的におこないます。トレードのこつ、エントリーの仕方、エグジットのポイント(これが一番むつかしい)など様々な観点からお話します。

楽しい時間を過ごしていただきながら、絶対的に必要な知識をつける「きっかけ」になればと願っています。

「BB式マーケット攻略サロン」の詳細とご案内
↑↑↑↑↑↑ サロンの様子です ↑↑↑↑↑↑ 専業トレーダーのBBです。 さて、新サービスのご案内です! そして、今月より「BB式マーケット攻略サロン」を開設いたします! サロンは以下のような方に参加していた...

GBPJPY LONG +3.8pips

朝一番のトレードです。9時に円高へ触れMAタッチからの~ですね。「相場環境」的にここから上がるのは明白でしたね。Signalで実況配信しながらのトレードでした。

GBPJPY LONG +2.7pips

このトレードと下の7.3pipsもエントリーからナンピンを入れて、先にこちらを決済(赤枠)値幅は狭いですが、十分な稼ぎです。ボラがなくなる時間帯に突入する前に切りました。御覧の通り上から2本目のラインが1発目のターゲット。一番上のラインをうわ抜けるとすればこのままデイトレモードへ。抜けないで反発するのであれば下の青いラインで切る予定でした。

GBPJPY LONG +7.3pips

 

予定通り2つの青いラインまで来たところで切りました。足が変わる前に切りたかったんですが、ちょっと逃したので5分足で次足にいったところで利確。今朝3回のスキャルピングで十分な利益を上げました。

14時前

GBPUSDホールド中、現在小pipsプラスです。欧州時間で上昇する形に見えるので、このままホールドします。もし踏まれるようであればささっときります。MAを完全に下抜ける形になればLCして仕切りなおします。

チャンスはいくらでもありますw

GBPUSD SHORT +14.4pips

ある理論を用いて導き出したゾーン(青いところ)です。ガチで決まりました。

GBPUSD SHORT +5.7pips

同じゾーンで戻り売り。子このレジスタンスは強いですねぇ。

12月10日

15時半:朝の市況はDicordでお話をしました(サロンです)

日経はマイナス20円で引け。値動きほぼなく為替相場も同様に様子見ムード。欧州からチャート確認していきますが、FOMC前なので取引を控えるトレーダーが多くいますね。

GBPUSD LONG +5pips

非常に効率の良いトレードでした。Siganalメンバー(BB式ロジック購入者)には実況で生配信のトレードでした。17時前からの下落からのド反発ですね。しっかりロジック重ねて完璧でした。

ターゲットも明確でプランとしては非常にシンプル。そして15分と掛からず利確ですw

FOMC前ゆえに控えめな相場でしたが、16時半頃から欧州勢による取引が一気に激増。暴落暴騰のGBPはやはり魅力的な通貨です。

GOLD LONG +6.8pips

ご覧のとおり。トレンドにのるだけ。非常にシンプルな5分足トレード。

こんな簡単なトレードが1日1,2回あれば最高ですよね~。わははははは(;^_^A

12月11日(水)

おはようございますw 今日もよろしくお願いします。

前日日経マイナス20円、英国FTSE100マイナス20ポンド NYダウもマイナス27.88ドル。取引高は平均の6割程度だったようで、FOMC前で相場は膠着状態でした。

特に真新しいニュースもなく、米中について政府よりコメントがあっても、具体的な経緯と結果が伴わなけえれば動かないといったところです。

FOMCは今年最後の会議で短期金利レート据え置きのをするようです。QE(量的緩和)については何の報告もせずじゃぶじゃぶとお金を刷って、大手銀行にばらまくようですね。東洋経済でアホな記事が出ていました。「現在の状況はバブル崩壊前と酷似している」って、今更か?と。それとも記者は90年代のバブルに本当になにがあったのかを知らない若造だったのか?(笑)

歴史を学べ。ですよ。

株価暴落のシナリオは以前からお伝えしていますが、その時のためにしっかりと準備しましょう。またそれまでの過程で、政府がいかに国民から本当の情報を隠しつづけるのか。なぜなのか?指数が落ちている中、株価が暴騰している背景をしっかりと認識しておくべきですね。なんで株価あがってんだろ?ってふわっとした認識だとヤバいですよ。あなたこそ搾取されている国民のひとりであることを認めているようなものです。

昨日の要人発言は以下。大したものはありませんでした。

10日10:42 リチャード・ニール米下院歳入委員会委員長
「10日午後にも米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)に関して発表があるだろう」

10日21:00 トランプ米大統領
「米中貿易協議は順調」

10日21:42 ロス米商務長官
「(15日の対中制裁関が発動されるかの質問に対して)米国にとっては良い合意ができるほうがより重要だ」
「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)の合意はあと数ミリ以内」

10日23:07 ロペス・オブラドール・メキシコ大統領
「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)、3カ国すべてが10日の署名で合意」

11日01:05 クドロー米国家経済会議(NEC)委員長
「米国が15日に予定している対中制裁関税第4弾の発動を見送る計画について承知せず」

米国は相変わらず無意味な話に終始してますね。紙面を埋める程度、ってところで中身はなし。米中は話し合いが出来ていない証拠です。「米中貿易競技は順調」の言葉で市場が無風・無反応だったのは笑いましたw

注目ニュースはこれだけ:米国は15日の対中関税を延期

間違ってはいけないのは関税って相手が払うのではなく、結果的に国民が払うものなので、発動すると自国にダメージが起きるんですよ。ですから「関税増やすからな!」という脅しは「勝手にしろよ」と中国に言われて終わり。中国は痛くもかゆくもないからです。

ですから15日の延期は、自国ためです。相当ヤバい状況にあるんでしょうね。しかし株価バブルは継続「させる」必要がある。2020年末の選挙まで持つとは思いませんけどね。いつ崩壊してもおかしくないのですが、FRBはまだまだお金を刷りまくってQEしまくります。年金機構は最低年利7%のパフォーマンスをあげないことに破綻します。ですから、ウォールストリートのHFにこのお金は運用されています。恐ろしい話です。FRBが刷りまくったお金を、大手銀行、年金機構、保険会社にばらまかれ(ほぼタダ同然で貸すってことです)そしてこの会社たちは国債を買いまくる。国債を売った連中は株を買いまくって下支えをする。FRBからばらまかれた大手銀行のお金は個人や企業へ安く貸し出される。彼らもまた株を買う、不動産を買うそして為替相場で投機的なお金として運用する。

金融機関ってのはこういうことをしてるわけです。実体経済とは全くかけ離れた世界ですね。アメリカの実体はGDP+0.3%はほぼ横ばいで生産性ゼロ。

でも、株価は上がる。金持ちは更に金持ちになる。破綻するとどうなるか?金持ちは分散しているから資産が目減りしても逃げ場がある(彼らは既に作って準備していますよ)中流階級以下はどうなるか。毎月凌いでいる国民の大半は仕事を奪われる、ローンが払えなくなる、、、2000年、2008年のリセッションがまた起きます。いや、それ以上の暴落と大恐慌が起きてしまう可能性は非常に高いです。日本もそのあおりを食らいますよ。今以上にものが安くなるかもしれませんが、90年代のバブル経済から一向に復活の見込みもなく衰退している日本にはダメージはじんわりくるでしょうね。

この件についてはまだまだありますので、随時お話していきます。

今朝はポンドが暴落したのですが、何があったのか現在調査中です。

8時半

見つけました。

「保守党が議長団などを除く実質過半数の320議席を確保できない可能性も浮上してきたことで、ポンドは売りが優勢に。対ドルでは1.3108ドル、対円では142.56円までそれぞれ売りに押された。」

ってことでした。

15日の関税延期から何がおきるかというと、ドル売り・株売りですが、これは毎年年末にポジション調整があるので自然に起きると思います。昨年末は暴落という形でしたが、今年はどうなるでしょうか? 大きな材料としてはやはり米中貿易協議(これ以外はないですよね、いまのところ)なので、ここに注視しておけばまぁ痛い目に遭うことはないでしょうねw

ERUAUD SHORT +12.6

出先のカフェでPC開いて、レンジ確認し「新手法のインジ」を見ながら入りました。10LOTだけなんで自分的には小さいロットです。サクッと9万円ほど。いい時給だ~w

12月12日

おはようございます。今日もよろしくお願いします。

早速、要人発言チェックとFOMCの結果などについてお話しましょう。

11日18:47 黒田日銀総裁
「来年の世界経済は全体として比較的明るいのではないか」
「米中経済はしっかりしている」

⇒ 朝から申し訳ないですが、ハッキリ申し上げておきます。こいつのアホさかげんについては言わずもがなではありますが、。皆さんにはしっかりと理解していただきたいのは、アベの下で働く無能どもの中でも日銀総裁という立場でここまでアホな奴は歴史上いないでしょうね。

大嘘を公表できる神経には理解不能としか言いようがないですが、コメントを見ても国民を偽っていることは明白です。こういっておけば、少なくとも自分の任期中は波風経たなくてよい、という保身だけしかありません。実体を伝えること、そして景気対策をすることがこいつの仕事なんですが。

12日01:44 パーデュー米農務長官
「米国が追加関税を発動しないことを望む」

12日04:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)声明
「労働市場は力強く推移し、経済活動が緩やかなペースで拡大していることを示唆」
「雇用の伸びは概してここ数カ月堅調で、失業率は低いままだった」
「家計支出は力強いペースで増加したが、企業の設備投資と輸出は弱いまま」
「前年同月比で見ると、全体のインフレ率と食品やエネルギー以外のインフレ率は2%を下回っている」
「将来のインフレを示す市場ベースの指標は低いままで、調査に基づいた長期的なインフレ期待の指標はあまり変わっていない」
「委員会は法律上与えられた責務に従って、雇用最大化と物価安定の促進を目指す」
「金融政策の現在のスタンスは、経済活動の持続的な拡大、強い労働市場の状況、および委員会の対称的な2パーセント目標に近いインフレをサポートするのに適切であると判断」
「委員会はFF金利の目標誘導レンジの適切な道筋を見極めるに当たり、経済の見通しについて今後もたらされる情報の意味合いを引き続き注意深く監視する」
「FF金利の目標誘導レンジの将来的な調整の時期と規模を決めるに当たり、委員会は最大雇用の目標と対称的な2%のインフレ目標との比較で経済状況の実績と見通しを評価する」
「この評価は、労働市場の状況に関する指標、インフレ圧力やインフレ期待の指標、金融動向や国際情勢の解釈を含む幅広い情報を考慮する」
「決定は全会一致」

⇒ FOMCの声明があまりにも長くてつまらないのですが、つまるところ現在インフレはなく、長期的には経済の成長とともにインフレ目標は2%であること、そしてFRBとしてやってきたことは間違いはなく、適切に対処できている、と自画自賛しただけ。

いかにこいつらが国民の税金を好き勝手に使い、本質的な話を伝えずに金を刷りまくってめちゃくちゃな政策をしているかについてはもちろん触れることはない。

12日04:36 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「米経済見通しは依然として好ましい」
「家計セクターは堅調。緩やかな経済成長が続くと想定」
「雇用市場は引き続き堅調な見通し」
「今年の利下げで米経済見通しを維持」
「現在の金融政策スタンスは引き続き適切である可能性」
「見通しの重大な変更に応じて対処していく」
「利上げの必要性、1990年代半ばの利下げサイクル時より低い」
「利上げには著しく持続性のあるインフレ加速が必要」

⇒ で、議長さんは当然のことながら「好景気」「問題ない」「想定内」「見通しよし」「俺たちは悪くないしむしろ正解」と嘘をいれつつ市場に無用なダメージを与えないように配慮する言葉に終始。

NYダウを見るとわかりますが、FOMCの声明に「利下げがなかった」ということで株価は一時マイナスに、ドル円も売られ、GOLD買われました。これはまぁ市場の反応としては妥当。多く市場関係者でリスクオンを期待する連中からすれば「もっとクスリをくれ」というデマンドを満たすことがない声明で利益売りが出たと見ます。ドルは売られ、円が買われる。方向的にはリスクオフってことですね。

声明発表後、パウエル氏の記者会見が始まり、一時下落した株を下支えし「更なる暴落」を阻止するような言葉を並べたわけです。なんとか+29ドルまで回復し引けました。このように発言が株価に直結する立場ですから慎重に発言内容と言葉選びをしていますね。

為替相場の反応は動きの実態としてドル円30pips、GOLDは80pipsは大したこいない。声明に悲観的な対応をした市場、というよりも、この声明を織り込んだ上でAIがポジションを解消する動きを取ったと判断するのが賢明。ヘッジファンドや大手証券会社はディーラーがトレードもするが、AIが常に相場を監視していますからね。声明の中にあるキーワードに反応するので、売り先行になったのは当然でしょう。その中で、狙いが見えた個人投資家たちも一斉にポジションを解消する言った動きとなりますが、その後議長の話で買いもどし。。。。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ここから続きは「5日間無料お試し」で登録できる

マーケット攻略サロンにて!

詳細はこちらからどうぞ

「BB式マーケット攻略サロン」無料お試し期間について
こんにちは、BBです! 「BB式マーケット攻略サロン」詳細についてはこちらをどうぞ。 5営業日の無料お試し期間を実施いたしますので、ご参観に興味のある方は以下のフォームよりお申込みくださいませ。 ご登録いただいた次...

GBPJPY LONG +2.9pips

薄利ですが、抜け戻りの反発狙い。あまり自信がなかったので小ロット。

GBPUSD LONG +15.7pips

このトレードの前に建値決済で終わったトレードがあったのですが、一時マイナス12pipsほど抱えてえらいことになってましたが、なんとかちょいプラスで終了。

で、その後仕切りなおして20時前にSignalで分析の話をしてたところ、トルコでサプライズ利下げの発表でドルが買われ、一時的にユーロとポンドが暴落。暴落後の反発を狙いました。青いゾーンは●●●●●●●●●ゾーン。理にかなっているので自信満々にエントリー。いいところで切れました。15分以内のトレードですね。

GBPUSD +18.7pips

20時36分エントリー、55分台にエグジット。21時はまたぎません。17時前に決済せず、しんどい思いをしたところだったので。これはルールとしてもっておくとスキャで成功する確率はグンとあがりますよ。

12月13日

おはようございます。今日もよろしくお願いします。

今週はFOMCに英国総選挙と盛りだくさんですね。

7時AMに出口調査があり保守党が368議席の過半数を獲得しサッチャー首相以来の圧勝と報道があり、ポンドは爆上げ。400pips以上(ポンド円は4円幅上昇)動きました。

この背景にはイギリス国民の不満、話が全く進まず本当にブレグジットするのか不透明な時間があまりにも長かったことが今回の選挙が非常に「感情的なもの」だったと言えますね。

1月末のブレグジットがどのような形で実現するのかはこれから協議ということですね。まだ欧州とも折り合いはついていないわけで(DUPとの問題)課題山積です。ひとまず議会で意見がすんなりまとまるってことは大事な事ですね。

米中問題ですが以下のような記事が。

Trump declares ‘big deal’ with China ‘very close’ as he meets with U.S. trade reps
President Donald Trump declares a “big deal” with China to be close, in a comment that sent stocks higher on Thursday ahead of a looming deadline for new...

トランプが「BIG DEAL」を中国と結ぶのは近いということですが、米国の貿易担当の関係者との会合でトレードディールが合意、サインもするとのことでした。このニュースに相場が反応。ダウは史上最高値を更新するも、中国側が「米国側のニュースは株価つり上げのものだ」と批判したことで上げ幅が半減。28132ドル、前日比+220ドルで終了。ATHには届かず。

しかし私は言いましたよね「株価はまだあがりますよ」ってw ま、そういうことです。まだまだ上がるんですこれ(上げるんだな、FRBが)

8時AMの最新ニュースは中国が米国が関税50%カットと15日の追加関税も延期の約束を満たした場合、農産物購入を増やすことに合意。

てこれ本当なのかどうか、まだ事実に基づく書類や声明がないので何とも言えませんな。とりあえず、このニュース流しておけば今夕からの欧州、米国で週末前のポジション調整で株価暴落はなくなったと言えますね。

経済指数的に良い数値は一つもでておらず、感情を煽るプロパガンダだけで株価が吊り上げています。株価なんてこんなもので、90年代の日本のバブルも同じでした。いまは情報が簡単に手に入る中で賢い投資家もたくさんいて、既に調整を終えて現金化する連中もかなりいるようですね(賢い)過熱したままポジション調整せず持ち続ける人たちは、近々起きる株価暴落の被害者となります。

ちなみに、まだ株は上がるのでリセッション的な経済指数が出ているとはいえ、暴落のXデーはまだ先でしょうね。その日その時が訪れたときに、いかに立ち回れるかが私たち投資家に問われます。

心と資本の準備をしておきましょう。

GBPJPY LONG +9.1pips

市場におけるアノマリーはうまく活用すべきですね。お勧めはしませんが、高値からのロング。まだ行くと判断できるだけの材料はファンダメンタルにあります。トレンドには乗れ、ですね。ま、異常値ですが。

GBPUSD SHORT +44.6pips

これが本来のあるべき形ですねw しっかり逆張り。2016年のトランプ当選の際も同じことがありました。上がったものは下がる。ただそれだけの事ですね。

今日はこの後の対応が難しいので、欧州時間まで様子を見ていきます。英国選挙の余波がどうなるかに注目です。

【今朝の違和感と相関性について】

※この投稿は「マーケット攻略サロン」のDiscordに投稿したものです。

アノマリーとはこういうことか、という事象が今朝ありました。今も継続しています。現在11時半。前場終了間際で日経は24000円台を目前にプラス568円。 日経が上げる理由は昨日のNYダウの220ドル上げATH手前までの動きで、バブルが過熱している中で欧米の金が日経に流れています。 ドル円は当然のことながら上げる方向で110円狙い(円安)いつものことなんですが、逆相関的に考えてGOLDは売られると判断し9時直前にLエントリー。しかし逆相関が効かずに踏みあげられマイナス18pipsほどLC。 これはどういうことかと考えましたが、英国総選挙という大イベントの中、ポンドが買われクロス円、ドルストともにポンドの強さに引っ張られ、TAは崩壊。ファンダメンタルでTAが全く無意味で通用しない瞬間です。 ドル円↑GOLD↓の逆相関は基本概念なのですが、アノマリーの中これが機能せず。 背景を説明します。株高はすべてFRBの政策とFOMCの声明にあります。これまでのお金を刷りまくって市場をじゃぶじゃぶにし、タダ同然でお金を貸しだし個人投資家から企業の自社株買いまで煽りたおして今に至ります。

15時56分の投稿

ドル円・GOLD逆相関、14時過ぎてからやっと元に戻ったようですね。 15時の東京クローズからボラが上がってますね。日経は+598.29円で24023.1円で引け。いつぶりですかねこの水準。市場操作のからくりがわかれば以下にこの数字が馬鹿馬鹿しいものかわかりますよね。 600円近く上げたのにもかかわらずドル円が109.600で頭打ち。これが正直なところでしょう。 現在16時前でポンドが急激に売られ始めてますね。欧州前に利確する投資家の真理です。 16時のアーリーロンドンをまたぐ前にポジション調整ですね。
GBPJPY 146.350 あたりが半値戻しの水準です。
東京は笑うほどレンジ幅狭かったんですね(笑)TA的にはアノマリー直後なのでどうなるか様子見つつ、きれいな波形が出てくるまでは観察となります。せっかちな人はM15で、私のように待ち構える方はM30で確認して波形チェックで
ちなみにM5でスキャルにもボラがないので、いまは手出しできません。 チェックしてるのはGOLD,ドル円、ユロエン、ユロオジ、お慈円、オジドル、ゆろぽん、ポン円、ポン音字、ポンドるの10通貨ペア
基本はこれだけ、あとは相関・逆相関チェックしつつ「強い通貨」を狙い撃ち。一番大きく動く通貨を狙うの基本とすれば、特にむつかしいことはないでしょう。

GBPUSD SHORT +7.6pips

「マーケット攻略サロン」のDiscordに解説しながらエントリーしていきました。

GBPUSD SHORT +5.7pips

こちらも同様に解説しながらでしたねw Discordをチェックしてくださいねw

GBPJPY LONG +31.5pips

C理論で出した反発ゾーンは下のGBPJPYとGBPUSDのロングの画像を見てください。このロングはSignalで解説したとおりですね。

GBPJPY +6.9pips GBPUSD +17pips

さて、こちらのショートですが、考え方としては

・トレンドは下
・PAで頭打ちがありMAがPOで並んでいる事
・GBP暴騰のトレンドのFibo23.6の抜け戻りの反発

てことで、素直にショート。踏みあげられて高値に行く勢いはGBPにはない地合いってことで下落は時間の問題だと思っていました。ボラがなくなってきたのですが、20分ほどまってすんなり落ちてくれました。30分刻みで突発的に動きが出ることもあるのでポジション解消するときは少し神経質になりますね。

せっかくのプラスが17時半や18時など、また直前の足や1分前などで急激に動くときもあるので、慎重に、そして速やかに利確しましょうw

今日は午前中、9時前にGOLDでマイナス20pipsを食らってますが結局8戦7勝1敗。ガッツリ抜けました。大満足です。ポンドに集中してトレードしましたが、今日の「違和感」の話も含めてGOLDに関しては慎重にトレードをしていこうとおもいます。

GBPJP SHORT +27.2pips GBPUSD SHORT +23.9pips

GBPJP LONG +54.2pips GBPUSD LONG +21.3pips

会心の一撃!

12戦11勝1敗、利益1000万オーバー!

12月13日のまとめ

一晩明けて冷静に考えても昨日の総選挙の結果を受けての市場の動きは異常であったと感じます。異常値をいかに利用するかがトレーダーとして技術や知識を問われるわけですが、

昨日は結果的に12戦11勝1敗(11戦ではなかったです。失礼)と取引数は多めでしたが、ほぼ全勝でした。

1敗に注目します。GOLDのショートを9時AM直前に入れました。

「違和感」についてお話をしましたが、昨日のアノマリーから相場の相関性が完全に失われていた時間がありました。このポイントについてははこの記事内で詳しくお話をしました。

要約するとGOLDへのお金の流れとドル円の相関性が破綻し午後14時台あたりまでおかしなことになっていました。日経は下品にも爆上げ、当然のことながらドル円はあがりゴールドは売られる流れが、普段の動きとはほぼ真逆な動きに。ここに相場の闇を感じましたし、現在の株価が「異常な数値」にあると確信をした瞬間でもありました。

12月も半ばに来てましたが2年かけて米中が折り合いをつけた「合意第一弾」はあの程度のあのかと落胆をする投資家も多かったのではないかともいます。馬鹿政治家どもは市場を私物化しています。税金の無駄使い、そして貴重な財産である時間やAssetも結果的に奪っています。

米中が2年間の押し問答の末出た結果が

・12月15日の追加関税は延期。撤廃はなし。
・これまでの関税を半分にするだけ。撤廃はなし。
・中国が農産物を少々多めに買うだけ。関税は撤廃なし。

なんだこれ?でしょ。

関税って誰が払うかもちろんおわかりですよね?

国民です。税金ですから。

なので、撤廃はないわ、まだまだ話がついてないわ、実際に合意した文書が公開されることもなく、米中が声明をしただけで(嘘まみれ)The Actualsが出ていない時点で、私は何一つ信じてはいません。合意のDetailが開示されない時点でいおかしいでしょ?

ニュースになればなるほど信用できません。プロパガンダなんてこんなものです。

それでいて株が上がるっておかしな話です。本質的に何かが壊れている。

しかしですね「噂で買って事実で売る」がまさに金曜日の株式市場でしたね。横這いの3ドル33セントプラス、28135.38ドルで今週を終えました。ATHではありますが日経の下品な上げ(約600円)があったのにも関わらず、ですから冷や水を浴びたようなものだったのでしょう。

あぁ、なんだよこれ、そろそろもう手びいて決済しちゃうか。儲かってるうちに逃げておけ、と利確組がたくさんいたんでしょう。馬鹿な投資家もいたでしょうね。結果少し買いあがってるわけで、借金してまで高値つかみをする連中もいるわけだから。

ちなみに私はずっと言ってますが、経済指数的にはリセッションであっても、株価はまだまだ上がる。ダウは3万ドル到達する、と断言しています。だから馬鹿な高値掴みをする投資家たち(投機か)もそこそこ賢くなれば儲かるかもしれない相場。

2018年はアホでも儲かったアホな相場だったですからね。

暴落するのはまだ先です。2020年中ですが。

最近日本でもようやく「そろそろリセッションかも」というニュースが出るようになりましたね。ここまで来ないとわからんのか、と思いますが。大手メディアなんぞあてにはできないですから、皆さんもリテラシーをあげていきましょう。

私のこの弱小サイトは大した閲覧数はないですが、しっかりと事実を伝え、皆さんに危機管理と資産運用についてお話をします。技術と知識を身に着けることが大事です。本質をつかんでください。

どんどんSNSへシェアしてくださいね。

昨日の動きは週末前の調整と、はやめのクリスマスバケーション入りをする投資家のポジション調整も考えれば妥当だったと思います。

来週から市場は更にスローになります。私自身マーケットウォッチはします。トレードもしますが、数は多くないでしょう。

個人的なことなんですが、株が暴落しようが、ポンドが暴騰しようが、ドル円がいずれまた100円を切ろうが何一つ気になりません。

なんでもこい、って感じです。

長年相場を見ていて思うのは、その時々でいかに立ち回るかに尽きるんです。それだけ。ちゃんと知るべきことをしって、マスの考えを把握して(市場心理)自分はそのマスと真逆の事をすればいいだけなんです。

昨日ような爆益の日が毎日あっても楽しいですが、トレードストレスはあるので2020年はもう少し気楽にやっていこうと思います。近いうちに海外移住をするための資金は確保できているし、準備と時期を見定めて実行します。チビたち中心の生活なので、最高の環境と教育を整えたいとおもいます。

トレードは仕事でもありますが、趣味の延長で始めたもので、その趣味が仕事になっただけのお話。自分が存在する意味や生きがいは別のところにあります。まだ達成していない目標もあるので、それをまたいつか皆さんと共有できるようになれたらいいなぁなんて思っています。

それまではアホほど稼ぎます。近い目標はこれです。

皆さんもまずは稼げるようになってください。頑張りましょうね。

【重要】FX初心者がしるべきこと、考えるべきこと

まず非常に大事なのはですね、一つの通貨ペアや取引対象をずっと見続けることで結果はでないということです。滅茶苦茶無責任な指南のひとつに「初心者はドル円とユロドルを見ていればいい」というものです。
これは非常に安易かつ無責任です。
ドル円とユロドルだけで為替相場全体の43%の割合をしめる事実があり、一見まちがいではないのですが、ドル・ユーロ、円の関係を理解しなければ、何をどう見ればいいのかなんて誰がわかりますか?
それもFXの初心者なんて何一つわかるはずがありません。
チャートを見る目は「鳥目」にしてどうする?と私はおもうのです。
視野を広く、通貨ペア同士の関連性、連動性、相関性を加味しないことには絶対に勝つことはできません。これを私は「パワーバランス」という言葉に集約しています。
世の中の書籍の99%が使い物にならない、読んだだけで勝てるわけもないものです。
無駄ではありませんよ?ざっと読むべきものはあります。ベーシックな知識を付けるという意味では。FX本に特化したもの読んでおいて損はないものはいくつ推薦できますが、その数冊を読んだからって勝てる保証は全くありません。
FXで勝つために必要な情報とは? それは、生きたトレードから学ぶことです。
生々しい現場の世界で戦うトレーダーの生の声、それもリアルタイムのものを見ながらご自身もチャートを見ながらこんな視点で見てるんだ、だからここからエントリーして、そしてエグジットはここなんだ、というトレードプラン構築の方法を学ぶべきなんです。
時間帯別の対応策やFX初心者が陥りやすいトラップはどこにあるのか?リスク管理やポジション管理などは実際にトレードしてみなきゃわかりませんからね。
ロジック購入者には口を酸っぱくしてこのフォーキャストやDicordでお話している事(これは一部でしかないですから)を更にかみ砕いてお話をしています。
是非ともこの冬、しっかりとロジックとチャート分析の視点を構築して「勝てるテクニカル分析」を学んでください。一緒に頑張りましょうw
BB式ロジック購入者には「ファンダメンタル分析」や「マクロ経済」もきっちり勉強していただきます。
勉強にはステップがあります。一気に全部を学ぶことはできません。一つずつ段階を踏んでいくべきだと思います。
そのステップをひとつずつ丁寧にあがってほしいのです。
焦ることはありません。
参加していただくことで半年後に違う景色が見えていて、1年後に全く別次元にいることでしょう。
ご参加お待ち申し上げます!

マーケット攻略サロンへ正式にお申込みされる方はこちら

上記のトレードですが「実況解説」しています。こちらをご覧ください。

こんな感じで夕方から夜にかけてを主戦場にしている私のトレード解説、分析解説をゴリゴリやっていますw

是非無料お試し期間から入っていただき、よかったらご参加くださいね!

「BB式マーケット攻略サロン」の詳細とご案内
↑↑↑↑↑↑ サロンの様子です ↑↑↑↑↑↑ 専業トレーダーのBBです。 さて、新サービスのご案内です! そして、今月より「BB式マーケット攻略サロン」を開設いたします! サロンは以下のような方に参加していた...

BB式ロジックは特典満載で「サロン参加」ももちろん無料です。そしてロジック購入者のみ参加可能のSignalメンバーシップは非常に濃厚です。Discord以上に密度濃い分析と相場観を養っていただけます。

現在、クリスマスキャンペーン中ですw

404 NOT FOUND | FXと資産運用を考えるブログ
裁量トレードと自動売買で資産を増やす方法
「FX専用・BB式ロジック」の詳細とご案内
こんにちは、TraderBBです! 当サイトを訪れて頂き感謝申し上げます。 「FX専用・BB式ロジック」の詳細をご確認くださいませ! FX専用・BB式ロジックの内容とは? FX専用・BB式ロジ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました