【無料版】週間フォーキャスト:12月30日~1月3日

Forecast

先週の相場について

先週はクリスマスということもあり閑散相場。突発的な動きもちらほらみられました。11月までに結果が出なかった弱小ヘッジファンドや個人投資家の大博打といったところでしょうか。

米中合意の進展なし、もちろん具体的な進展内容が開示されることもなく、一貫してるのは「いい話をしている」などと大統領が23時28分に呟くなどあからさまな市場操作が日常茶飯事になっている。

Twitter政治&市場操作は2024年まで続くのだろうか。

相場といえば株価つり上げで日経は23837.72円、NYダウは286545.28ドルでATH(All Time High=史上最高値更新)背景には日銀やFRBのQE(Quantitative Easing=大規模金融緩和)でお金が刷られまくり市場にばらまかれている現状がある。安くお金を借りることが出来る企業が自社株や米社債を買うことで株バブルが継続している。

QEや株価については後述します。

保守党圧(GBP買い上げ)のあとハードブレグジットの懸念から一旦は調整したGBPだったが、先週は活況(上の画像は木曜日から金曜日)

相場をけん引したのは中国勢でなかったかと推察できるほどAUDの買い上げの勢いが凄かった。これにより米国株も非常に強く買いあがりました。しかしGOLDの買いも多くリスクオンとはいえリスクヘッジ的にGOLDを買い、株も買うというなんとも奇妙なお金の流れでございました。

原油先物はもちろんプラス。NYダウがあがれば当然オイルも買われます。VIX指数(恐怖指数)は先週穏やかで常に12ポイント台(20ポイントが基準)、米10年債利回りが9月以降押し目を付けながら上昇トレンドにあるのは国債を売って株を投資家が多いということ。経済が堅調であることを示しているが、このあたりの数字に関しては私は信用していない。

全ては検証対象として注意深く観察するようにしてくださいね。

先週の結果

獲得pips=32.2pips

先週は25万円チャレンジ口座をメインに取引をしたので、メイン口座ではほとんどトレードせず。GBPUSDをメインに少額だけゲット。むしろ25万円チャレンジでマイナスになった(結果プラス1000円くらいでしたがw)分を相殺するようなイメージでヘッジをかける感じ。

2週間前も「株はまだまだ上がりますよ」と予測したとおり先週もバブル。

そして、更に!上がりまくりますよw 1月半ばにドルクラッシュがあるかも、と予測する識者もいるようですが、クラッシュがおきるなら株も暴落するか徐々に、スローにリセッションが具体的な薄地となって出てくるのかなと思いますが、こればかりはどうなるかわかりません。

一晩あけてリーマンブラザーズが破綻したように、ある日突然かもしれませんしね。

今週はそれぞれの市場が変則的に開場しているので適当に参加します。25万円チャレンジも引き続きじっくり増やしていきます。

【コラム】金融緩和(政策)=QEという言葉の本当の意味とは

パウエル議長 – Photo from Bloomberg

皆さんは理解した方がいい。

現在の株価はオーバーインフレート状態で実体経済と何の結びつきもない虚構の数字であることを。

市場はFRBや日銀に操作&管理されているといっても過言ではない。これはなんの陰謀でもなく策略でもなく、むしろ日常である。

人間が作り上げた銀行制度そのものが、この様に機能するようにできている。Economic Engineeringという言葉がまさにこれを指している。

QE以外にもFRBはREPO Marketに大金を投入し、国債の売買から得たお金(結果借金となる)を更に株式市場へ還流されている。Debt Market(クレジット市場ともいうが)は史上最高額に達しており、これがいつマーケットクラッシュの引き金を引くのかどうか、と経済界では言われている(さかのぼれば2018年くらいから噂になっている)

多分に漏れず先週もFRBも毎日QEを実施、そして日銀も19,20日に会合がありQEを実施することを明言。しれっとニュースになってましたが、メインストリームメディアにはもちろん流れません。このような重要事項は一切大きく取り上げられることはない。裏でこちょこちょ、ですね。

QEが起きると何があるか。あなたのお金の価値が下がるんです。今日の100円が来週には99円になる、というイメージでいいでしょう。お金を刷る=お金の分母が増える=お金の価値が下がる。

ここにインフレが起きれば更にやばい。現在の米国はまさにそれ。2%ほどのインフレ率を維持するとFRBは主張するが、これが何を意味するか。生産力があがり賃金がそれ以上にあがれば2%はカバーできるかもしれない。しかしもし横這いなら?物価が2%高くなり、なおかつ無限にお金を刷り続けるQEによってドルの価値が下がれば、預貯金の価値も下がり人は貧乏になるわけだ。

え?貯金が減るって?何? 価値が下がれば下がったもおなじ。昔の100万はいまの1000万の価値があるんだよ、なんておじいちゃんおばあちゃんが言ってたの聞いたことないですか?

お金の価値が下げる行為は、政府や中央銀行は私たち国民の生活を更に追い込むってことです。価値を下げることが彼らの意図ではなく、QEをしないことには株への流動性(Liquidity)を担保できないからですね。日本を見ると実体経済は生産力は8年連続下落中、賃金は上がらず平均収入はほんとうかどうかしらんが何年も横這い。ちなみに自殺者の数も横這いだけど、これも信じられないね。政府が発表する統計は数字なんて操作されていて当然だとおもうので鵜呑みにしないように。

QEがいつまで続くのかわかりませんが、これなしには株価を維持することができず、そして株をあげつづけなければ、政府支援者やお金持ちが不幸せになるという大人の事情があるってことですね。お金の世界は、金や銀以外はすべて「人工的」ってことですね。

経済界や政府の発表や声明文を読んで理解に苦しむのは、平民や国民たちに「本当のことを伝える意思がそもそもないから」です。量的緩和、ってなんやねんって話です。ちょっとバイアスかかりますが大阪の通天閣近くの串カツ屋で昼間から酒飲んでるおっさんらが、この話をきいても「わけわからんわ」っていうとおもうんですよ。ちゃんとした知識がない限りは誰だって同じように感じるはず。

「人に理解されない言葉をいくら話したって伝わらないのであれば、最初から話すな」と昔よく父親に言われました。

政治家のじじーどもってのは人の話はきかない、質問にこたえない、論点をずらす、公共の時間とお金を勝手に無駄につかう、モノを言っても理解不能なことばしか発しない。

こんなところでしょうか。

ではあなたがどうすべきか、については非常にシンプルに考えてほしい。インフレ率が2%だったら、2%以上のパフォーマンスでお金を増やす作業が必要になります。単純ですね?

お金を失いたくないなら、アナタの今の貯金が300万だったら、その金を失わずにいたいなら、ねんり2%以上のパフォーマンスで凌いでいくことです。

だから、勉強しましょうね、というところに行きつくんだと思います。

10数年前に少なくとも私は騙されたくないって気持ちが強かったし、経済ってどうなってんだよ?って疑問だらけでしたからね。

ちゃんとしたことをステップを踏んで勉強すれば、私くらいの知識はつくようになります。あ、出来れば英語は喋れた方が学びのスピードは速いとおもいますので、がんばりましょうw

【超重要】FX初心者の悩みは深い

  • 一人でチャートを見ていても分析もうまくできない
  • ファンダの情報を利用してテクニックと融合することできない
  • ひとりぼっちでわけわからない
  • どこからはじめたらいいのかわからない
  • チャートの読み方はできても、どこからエントリーしていいのかわからない
  • とにかく利確がむつかしい、どうすればいいの?

お問い合わせをいただくと必ず、上記のひとつふたつが文章の中にはいっています。FX初心者が解決ができない数ある悩みですよね。

メンバーの皆さんには毎日私がチャット形式で配信したり、Discordサロンで語る市況やトレード結果などで、チャートはこんな風に見るといい、エントリーするならこのあたりから、こんな理由があって優位性が高いとおもうからエントリーし、エグジットはこの辺ですよ、と手取り足取りお話するように注意を払っています。

私もFXをはじめたころは手探りでした。バイナリーはまだ上か下かであまり考えなくても勝てるときもありましたが、FXじゃそういうわけにはいかない。時間の管理、ポジションの管理は本当に難しい。

だからこそ指南が必要でチャートを読む力を付けながら、現場で戦っていく「勝ち方」を学べる場を作れば、みんなで切磋琢磨できる、とおもったのです。

BB式ロジック教材購入者はもれなくSignalメンバーになれます。戦い方を教えてくれる場所で、トレードで結果を出されているメンバーさんとも交流ができます。交流しなくても読んでいるだけでもいい。チャットで流れてくるチャート画像や解説をみるだけでも勉強になります。

このSignalメンバーのチャットでは成功トレードだけじゃなく失敗トレードも公開します。あぁ、やっちまった、LCしました、仕切りなおします!って感じですね。私は最初にトレードプランを公開しちゃうので、ここ切り下げたらLCします、とハッキリお伝えします。

わかりやすさが一番です。トレード根拠も込み入ったものじゃなないです。意外に「え?こんな感じで入って出るんだ」くらいあっさりしたもんです。

ですから、LCもあっさり。そして次にまた備える。ポジション解消した時点で感情的にはなると思いますが、含み損を抱えて長く時間を過ごすほど感情的になるものです。だから、感情に揺さぶられないようにさっさとそのトレードを捨てる。潔さは大事です。

Signalでは、トレーダーの皆さんと毎日チャートを分析しながら視点構築、相場環境認識、トレードポイントやプランについて語っています。

Signalをダウンロードする

BB式ロジック(FX専用)に参加するとFXで勝つ方法を学べますよw

3つの学びの場

Signal、Discord、フォーキャストと現在は3つの「学びの場」がございます。

違いはコミュニケーションの「密度」と「内容」です。

  1. Signal
  2. Discord
  3. 週間フォーキャスト

上記の順番に、私やトレーダー同士のコミュニケーションの内容の濃さと内容に大きな差があります。

まず「週間フォーキャスト」は市況や概況、ファンダメンタルを軸に毎日コラムのようなものも含めて配信します。ブログ記事ですので、コミュニケーションがない一方的な配信となります。

Discordの「BB式・マーケット攻略サロン」では市況や政財界のニュース分析などのお話をしつつ、チャット形式でグループチャット、個別のコミュニケーションは獲らせていただきます。市場の情報発信とそれに対する質疑応答、そしてトレード結果などチャート画像を公開した上で、エントリー・エグジット根拠などを参考までに配信します。

そして最高峰であるSignalでは上記の市況やファンダメンタル分析をベースとした「BB式ロジック」を軸にトレード実況配信を致します。私がチャットでお話をしながら、どのチャートをどの時間軸で分析しながら、いつどのポイントで、どのような優位性がある中でエントリーし、どこをターゲットに利確をするのか。そしてもし逆行した場合はどのように対処するのか、実践ベースの具体的なエントリーとエグジットをリアルタイムで配信していきます。

いわゆる巷にある「シグナル配信」ではございません。

「いまここで買ってください・売ってください」という発言は一切ありません。投資助言法に抵触するような配信や発言は100%行いませんのでご理解くださいませ。

チャットベースでの配信により皆さんがご自身のMT4を見ながら、どう分析し、どのような視点でチャートをみるべきかについてリアルタイムでお答えもできますので、非常に有意義な時間です。

トレードをする時間は夕方16時以降から18時頃の2時間ほどから、21時半過ぎからNY時間の深夜0時くらいの間に行います。

相場は非常にランダムな世界ですので、この時間に必ずボラを伴って動く、という確約出来ることは全くありません。しかし毎日訪れる株式市場の開場時間と閉場時間は必ず一定のボラティリティを伴って動き、そして為替市場にも影響があります。

私はその時間帯を狙って適切な分析をしてめぼしいポイントを見つけるようにしています。

Discordを使ったサロンの様子

BB式「マーケット攻略サロン」では以下の情報を配信しています。

  • 毎日の市況(朝、夕)
  • その日注目している通貨ペアのシナリオ
  • トレード報告と結果
  • トレード実況

2020年1月より、毎朝配信している「週間フォーキャスト」の内容は毎日の簡単な市況、注目する経済指標の時間とシナリオ、そしてトレード結果の配信となります。これまでのようにかなり突っ込んだお話は全てDiscord内で有料配信とさせていただきます。

トレードに使える具体的かつ有力情報を入手されたい方は、

「FX専用・BB式ロジック」の購入、もしくは「BB式・マーケット攻略サロン」へのご参加をお願いします。

サロン参加方法

参加費用は:19,800円(税込)

上記の内容でよければチェックを入れて送信ボタンをおしてください。

詳細はこちら

「BB式マーケット攻略サロン」の詳細とご案内
↑↑↑↑↑↑ サロンの様子です ↑↑↑↑↑↑ 専業トレーダーのBBです。 さて、新サービスのご案内です! そして、今月より「BB式マーケット攻略サロン」を開設いたします! サロンは以下のような方に参加していた...

25万円チャレンジ現状

【まとめ】25万円チャレンジ企画、結果と検証(随時更新)
こんにちは、BBです。 2019年12月19日からのチャレンジ企画の詳細はこの「チャレンジまとめ記事」に随時アップしていきます。 まずは「生い立ち」です。 12月27日までの結果など トレード動画 オー...

12月30日:市況

9時を回って日経平均は下げています。マイナス90ドル(9時半)原油先物価格は主に他、米軍のシリア・イラク攻撃に反応していませんね。欧州からNY時間なんでしょうか。

10時台に中国からの米中問題に対する声明などに注目します。GOLDは朝8時から買い上げておりますが高値圏ですね。一旦調整をするのか否か確認していきます。

今日もGBP絡みでぼちぼちやっていきます。15時前後からチャート観察、夕方は1,2本トレードできればと。午前中もチャンスあれば入ります。

GBPUSD SHORT +6.7pips

GBPがいずれも天井圏で推移。狭いレンジとはいえGBPなのでそれなりにpipsがある。一瞬で動けば5~7pipsくらいなんてことない。GBPJPYよりGBPUSDのほうがスプレッドは狭いので狙いやすいですね。あっという間でした。時間帯と大ロットであっさりw

チャレンジ企画

午前にLCトレード2本あり、午後に帳消しトレードでしっかりプラスになりました。動画に収めたので、後ほどアップしますね。なかなかいいトレードでした。

GBPUSD LONG +4.3pips

MAのゾーンをぶちぬいたもののD1(日足)の始値付近でガッツリサポートされてる。長期MAまでと判断し4.3pips獲得。

今日はこんなところですかね。まだぼちぼちやれそうなんで晩飯の後にまた!NY時間をちらっとチャート見ます。

明日はスターウォーズを息子と観に行く予定なので楽しみです~!

GBPUSD SHORT +10.6pips

上のレジスタンスはかなりのものなんで(チャート見て頂ければわかります)抜けるか否か、といったタイミングで、とりあえずしれっと。今回もレンジの判断で3pipsくらい抜ければよいか程度に考えていたんですが、結果10pips以上抜けました。いい年末になりました。

12月31日:QEの仕組みを解説

おはようございます。大晦日です。今日はスターウォーズの日です(私ら家族には)

さて、まずはは市況いきましょう。そのあとQEについてお話します。

昨日の日経はマイナス181円、先物もマイナス190円、欧州全面安、NYしかりです。年末ぎりぎりになって調整モードですが、これまでのHYPE(興奮・煽り)が異常でしたから、これくらいの調整は当然でしょう。ドル安、株安。NYダウは183ドル。

昨晩22時以降のチャートは醜いものですね(笑)昨晩参戦しようとおもい21時半頃からちらっと見ていたんですが、よくわからん状況だったので止めました。

原油先物が乱高下、米軍がシリアとイラクを攻撃したニュースは昨日の午前中にでてきました、年明けは戦争をネタに継続して原油価格の高騰を狙いとして、株価を吊り上げる方法を取っていくと思います。

FRBのQEによって吊り上げられた株価を第二の矢であるREPO Operation(レポ取引)によって更に加速させる魂胆のようですが、年明けはどうなるでしょうか。

今日は特に大きなニュースといえば、釈放中の元日産のゴーンさんがレバノン(国籍がたしかこことフランス?でしたねこの方)に現れた!っていう速報が流れてましたね。早朝にNY Timesや向こうのメインストリームに流れたので目にしたんですが、日本は1時間以上遅れて速報でてましたね。

市場には特に影響のないニュースですが(笑)

今日は変則的な予定で開場するようなので、私は参戦しましせん。日本はお休みです。日本はずっとお休み。通常営業は1月6日(月)からって感じですね。

明日はニューイヤー、世界は1月2日から本格的に開始って感じですね。今年の頭にはフラッシュクラッシュなどありましたから、デイトレ、スイングは要注意でお願いしますね。

【コラム】QEについてきっちりお話しましょう

QEとはQuatitative Easing=量的緩和、という金融政策です。

難しい言葉を使って中身をちゃんと国民に伝えないのは「えらい人たち」の常套手段です。

QEは「銀行がおかねをたくさん刷って、安い金利で貸し出して市場を現金で埋め尽くす」行為です。

これがどういう効果があるか?

企業や個人がアホほどお金を借りて、ガンガン使うんです。不動産かったり、自社株買ったり、車買ったり、設備投資したり、株かったり、GOLD買ったり、とにかく市場が元気になるようにお金をつかいまくる。

それにより活況になった市場は潤い、株価は上がるわけですね。

FRB=米国の中央銀行は「QE4」とあるように4回も施行しています。かなりカオスな状態なんでしょうねぇ、株価下支えしないとえらいことになる!とパニック状態なんですね。

ちなみにFRBはこのお金刷ってじゃぶじゃぶにする行為を「QEではない」といってます。そうです、認めてないんですね。

なぜか?実は国民はFRBはQEをしょっちゅうやってることを知っちゃいけないことなんですね。オフィシャルな声明はどこにもありません。

どこかの政権と同じようなこと言ってますね(笑)隠蔽、論点すり替え、プロパガンダ、嘘も方便?、、、ま、政治とは銀行屋とはこういうもんです。

事実だけまず見ていきましょう。

  • 株価はQE4によりバブル=大量にお金を刷ってじゃぶじゃぶ⇒株価買い上げ
  • 米国企業の自社株買いが鬼。日系企業も米国社債買いまくり
  • クレジット市場が活況すぎてやばい=借金が天文学的数字に
  • 戦争おっぱじめて原油価格高騰狙い=株価⤴
  • 実体経済はフリーフォール状態=GDP⤵サービスセクター⤵工業セクター⤵
  • 貿易赤字や中国への関税は米国民が支払うことになる(関税とはそういうもの)

これこそがEconomic Engineeringというものでございまして、米ドルの価格、株価、債券市場、すべて「人工的に」に価格を操っているのです。

それが、FRBのお仕事。

FRBがQEを認めない本当の理由、わかりますか?

経済というのは3つの要素でなりたっています。

  • 資産価格
  • 借金
  • 信用

で「QEしますよ」「QEが必要な状況」となるととたんに「信用」を失うことになります。QEはお金の価値を下げることは金融市場関係者も投資家もみんなわかっているわけですよ。だから、QEすれば自分たちが今持っている「現金の価値」(これも資産だから)が下がるわけだから、おいおいちょっとまてよとなる。

でもね、だったら現金の価値が下がってもいいから、より多くの現金でもってGOLDとかほかの通貨とか不動産とか「価値のあるもの」を保有することで補って、更に金持ちになればいいじゃんね、っていうことになるわけです。

FRBはQEと利下げの2つの武器でもって、お金を市場に安くばらまいて刺激を与え続けています。

企業や個人がお金を安く借りる(金利が低いからほぼタダ同然)ことができるから、たんまり借りたお金で株価を買う(米国企業の自社株買いはえぐい)=企業業績(対して生産してなくても株価あがればそれでいいという発想に問題あり)もよくなり役員報酬なども高くなるって考えれば、FRBに対して「お前らいい加減にしろ!」ではなくて「まぁ、いいんじゃね~の」となる。

いっきに書きましたが、これが金融市場の「普通の状態」だと受け止めたうえで、アナタはどうすべきかを考えていきましょう。

システムが崩壊している中、資本主義社会の中で搾取する側とされる側にわかれるわけですが、搾取されないように個人投資家は常に警戒し、システムを把握したうえでご自身の立ち位置を決めていきましょう。

テクニカル分析と上記のような経済の知識をもってファンダメンタル分析もある程度できるようになると、チャートを見て「いま何がおきているのか」を把握できるようになります。

少なくとも知らない人たちよりは1歩2歩どころか数十歩前に進んでいると思いますよ。

これも「技術」のひとつですからねw

年末年始はお勉強タイム!ゆっくりするのもいいですが、行動に移した人ほど結果を出しています。行動しない人、机上の空論だけで終わっている人は、いつまでたっても投資の世界で成功はしません!これは断言できますよ。

GBPUSD LONG 37.6pips

今夜はもうこれに尽きますね。18時前から始まったGBPの買い、私は一旦押し目を付けた19時半あたりから入りました。すんなりと切り上げ(20分ほどで)そのあとは怒涛の勢いであがっていきまして、22時30分過ぎに利確。

25万円チャレンジのほうは全ロットの半分を利確後に、更に残りを伸ばして24万円ほどの利益になりました。これでこの2日で約26万円ほどの利益になり、総資金は51万円越えです。

1月2日

おはようございます。元旦はお休みでうちは寝正月でした。毎年「ガキの使いやあらへんで」は子供の教育上、オンタイムでは見ずに夫婦だけで夜な夜な録画を見ます。ガキの使い以外に私たち夫婦の毎年の行事の一つに

「ゴッドファーザー」をPart1から3まで鑑賞することです。今年も今日から鑑賞です。あのテーマを耳にしないと1年がはじまらないのです。

ちなみにStarWars最新作は感動ものでした。また後日ゆっくりお話します。ネタバレしたくないので来月くらいですかね(笑)

さて、市況です。

今朝10時45分の製造業PMIは注意です。

この数字なんですが、数日前のニュースで中国は製造業がプラスにあることで非製造業でのマイナスを補っている形だと報道がありました。

株価や経済の下支えになっている製造業の指標が予想よりもマイナスに出た場合は、一気に元が売られドルが買われる、もしくはその逆に出る可能性(こればかりはわからないので)もあります。

中国は豪州と貿易で深い関係があること、またAUDが中国元の代わりになるほど中国史本が豪ドル(AUD)を買い上げているということもよく耳にしますので、AUDが暴落する可能性があります。

となると東京市場がクローズしている明日の朝10時台にネガティブ指標が出た場合、AUDJPYが相場をけん引する形で爆上げもしくは爆下げするといったことが起きることも考えられます。

2019年1月3日のような動きになるかどうかはその時にならないとわかりませんが、可能性は否定できませんので注意されてください。

その他も夕方からトルコ、フランス、ドイツ、欧州、イギリス、米国の製造業PMIの速報値が発表されますが、おおむね予想よりも下回る可能性の方が高いでしょう。

どの国も生産力が1年を通して下がっており、既にリセッション状態ともいえますが、経済の実態を反映しない、Economic Engineeringによって株価は操作されています。

その時々の為替の強弱に注意し、うまく活用しつつ取引をしてください。

GOLD SHORT +4.4pips

10時をまたいで一気に荒れた動きに。トレンドは↓として時間効率を考えナンピンを上でうってさっさと利確。最初のポジションは9時過ぎ、すぐに下落すると読んだが踏みあげられ、10時台の動きでナンピンからの3分ほどで利確。判断冴えてました。

25万円チャレンジの口座は16時以降から稼働なので今日明日で1,2本エントリーする予定。じっくりいきますよ~w

GBPUSD SHORT +5.4pips

GBPUSD、17時前から結構動いたんですが結局はレンジ。それも切り上げてきてるので、早めに切りました。ただ、放置しておけば、、、ってところですがポイントは、優位性と明確な根拠が見つからない場合はさっさと決済するのが大正解なときがほとんどです。

どこかで自分が気持ち悪いと思った時点で終了とすべきですね。

GBPUSD SHORT +2.1pips

こちらも一緒。結果的に黄色いトレンドラインはぶち抜いたわけですが、買ってきたシャトーブリアンを焼くのは私なので、一つ前のトレードは決済。肉は集中して焼かないといけませんからね。

ということで食事の後、入ったものの踏みあげられ、ナンピン後の下落で建値決済で逃げようとしたんですが、すっと伸びてくれたので15万円ほどプラスに。大ロットなんであまり気持ちよいトレードではないですね。でも、勝てば良し。

25万円チャレンジは今日は薄利でした。思いのほか決済注文がすべてしまったのがふに落ちませんでしたが、まぁいいでしょう。このトレードもステーキを焼く前に決済しました。また動画を作成しますので、楽しみにしていてください。

今夜はもう1本だけ入ろうかなと考えています。チャンスあらば。

1月3日

おはようございます。今日の市況は盛りだくさんです。

ひつじさん、毎日感謝ですね~

さて、年初営業日の昨日は大盛り上がり、バブルが更にバブルってNYは330ドルプラスの28868.80ドルで引け。もちろんATH更新となりました。FRBもトランプも狙い通りの動きでご満悦だったことでしょう。

2020年は新記録更新で開始し、そしてこれは序章にすぎません。

株はまだあがりますよ。最近はマーケットクラッシュについて「そろそろくるぞ」という「専門家」さんが増えてきました。

今朝は気になる記事が。

Helicopter Money Is Here: How The Fed Monetized Billions In Debt Sold Just Days Earlier
This is how the Fed monetized billions in T-Bills sold just days earlier by the US Treasury.

FEDのQE4の中身についてのデータです。

難しい記事なので要約するとですね、国債をFRBが買い倒してて、2年から30年までの国債利回りがさがっていることです。(昨日も落ちましたよね)

金額が75億ドルでこのお金のことをふわ~っと何もないところから救済するために飛んでくるお金と揶揄しHelicopter moneyと言われている事です(笑)

これをQE4(4回目ね、しつこいようだけど)と言わずしてなんという? NOT QEと断言されてますからね、議長さんは(2018年11月)

恐ろしいのがですね、国債市場に流したこの75億ドルものお金で国債を売った相手、Primary Dealerというんですが、この人たちに払っている手数料が「非公開」なんですよ。ってことは、相当儲かっちゃってる人がいるってことですね。

すごいですね~やってることがw 闇市場じゃないですからね?きわめて合法です。

実はバーナンキ元議長さんがいたときも同じようなことが起きてるんですが、別のルートでお金を市場に還流させています。この大金が国債市場から株式市場やローン市場に出回ることで、昨日のプラス330ドルが可能になるってわけですよ。

ちなみに昨日は前場にドルが爆上げして株価も上がってホクホクな連中が大量にいる中で、上記のようなQEで恩恵を受けている中流階級以下は皆無といっておきます。億単位で資産を保有している連中に還元される世界ですからね。

ちなみにFRBのサイトで国債の売買取引の結果などこちらで開示されていますが、一般人が見てもわかりにくいのは日銀とかわらんなと(笑)参考までにリンク貼っておきます。

今日の東京もお休み、10時以降の中国勢が株を買い上げてくるでしょうか。為替市場はドル円が売られ、GOLDが買われ、ユーロ、オージー、特にポンドが弱かったですね。ドルがかなり強かったですね。

今日は指標盛りだくさんなので、慎重にいきます。昨年は1月3日の朝にフラッシュクラッシュがありましたが、まぁ、今年はなかったですね。今日も起きるキッカケはなさそうです。ってことで、要人発言に注意しながらカレンダーとにらめっこしつつポジションを取りました。

決して私が昨日やったような「誤発注」は無きようお願いします(笑)結構むかつきました。あのアプリは一生使いません(苛っ)

今日も夕方から参戦します。

GBPUSD SHORT +8.3pips

はい、ここはSignalメンバーと会話しながら参加者全員とゲットしましたw 特にむつかしい場面ではないですね、基本的な分析とPAが読めれば余裕です。

42pipsほど抜いた猛者もいらっしゃいます(ナンピンしまくり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました