有事には金を買え?今こそ「有事」と判断する理由とは【2020年最新】

コラム

こんにちは

皆さん結論から言いましょう。

金を買いましょう。

そして銀も買いましょう。

悪いことはいいません、メタルズは裏切りませんよ。

いまは「有事」です。非常事態に突入しているいっても過言じゃなありません。

なぜか?? ご説明します。

有事?戦争してるの?経済戦争でしょ

いまはもはやリセッションに入るつつあり、来る株価大暴落による大恐慌が目前に迫っていると考えています。

脅すわけじゃないですが、冷静に考えても産業セクター・サービスセクターともに指数は横這いからマイナス。FRBのリリースしている雇用者数増なんって大嘘。銀行は政府は常に嘘をつき続けます。

有事だよ、いまは。とハッキリ言ってもいいくらい危ない時期にきています。お金の価値が下がり、アナタの不動産の価値が下がります。

だからこそ、備えてほしいのです。ちゃんと資産を「あるべき形として残しておくべき」だからです。

金も銀も「神様のお金」だから価値がある

変な事いうなぁ、と思うでしょ?ま、騙されてください。とりあえず。

“God’s Money”って言葉があります。そうです、神様のお金です。

金も銀もこの地球が生まれたときに存在します。私たちがこの世に存在する前からね。

金や銀はフェイクがない。あ、もちろんパチモンは世の中たくさんあるでしょうけど、ちゃんとしたところで買えばよいだけのことです。このあたりはリテラシーをもって騙されちゃいけませんよ。

フィアット、いわゆる米ドル、円やユーロは「人が作ったお金」です。

フェイクですよ。結局。

中央銀行が無造作に、そして自分の津五井だけで馬鹿みたいに刷ることができる(合法)「紙のお金」。

Fake Moneyを買うんですか? 政府の金ですよ??

私は嫌ですね。虚偽だらけ、FAKEだらけの政府が発行したものは基本的に信用できない。

「紙幣」に価値があるわけじゃなくて、価値を決めているのは市場であり私たち市場参加者です。

でもね、こんな危なっかしいものはない。いずれフィアットは紙「クズ」になるんですから。

カミはカミでも「神のお金」は違います。

FRBが作った「紙屑のような紙幣」は買うもんじゃない。ただ利用するものです。

現在通貨として認められているものだから、それを使って更に増やす作業はがんばりましょう。

そして、少しでも買えるならできる限り「金や銀」を買い貯めていきましょう。

銀のディマンド(需要)は高くなってる

銀はご存じの通り「工業の世界」で使われる必要な物資です。

中国では銀の需要が非常に高くなってます。需要に対して供給がすくなくなれば、価格はどうなりますか?

当たり前ですが上がります。

そうです、市場はすべて需給と需要のバランスで値段が決まっていきます。

中国、ロシア、トルコは銀を買い上げてます。しかし米国の中央銀行は買ってないんですよね。馬鹿でしょ?これからさらに派遣を握る可能性が高い中国はどんどんリッチになります。国として力を持つのですから、金も銀も買いだめています。

10年、20年、50年、100年たっても金や銀の価値は下がりません。

むしろ上がるしかないのです。

銀行屋は絶対に信用するな

株を買え、長期的投資でETFを買え、なんて言ってる馬鹿銀行屋は無視してくださいね。ファイナンシャルプランナーなんてロクでもないですからね。皆さんのトランザクションに対して手数料を稼ぐだけの「雑魚」ですから。

金も銀もETFなんて買わずに「ブツ」を買ってください。実際の金や銀を手にするとわかりますよ。これが資産だ、と。

そして値段のチェックはチャートのMetalsを見ればわかりますからね。

 余談:BTC(ビットコイン)はどうなの?

「デジタルゴールド」と言われるビットコイン(BTC)はどうなのか?

というお問い合わせはよくありますが、私はシンプルに「買い」だと思います。

ポジショントークじゃありません。みんなで買いましょう。これ以上言うことはありません。

当然ですがアルトコインと言われる「詐欺コイン」は一切手を付けませんよ?

XRPなんてブロックチェーンでもないですからね、あんなものは詐欺以外の何物でもありません。2016年以降のビットコインバブル、2017年の200万円到達からの暴落を見ているのでよくわかりますが、アジアの若者の多くは大金を失いましたよね。

信用できるのはBTCのみ。買うべきは、そして長期的にホールドするのは(10年20年ですよ)はBTCだけです。利用価値があるのかどうかはわかりません。ブロックチェーンの技術はすごいものですが、きちんと応用されて社会に役立っているわけでもない。今後もわかりません。

しかしBTCという存在は唯一無二です。絶対に持っておくべきです。

2020年を目前とするいまは「金と銀」を買え

阿呆な銀行屋が提供する投信信託やETFなんて買う金があるなら「金と銀」を仕込んでおいていい。

不動産も株もバブルです(少なくとも米国は異常)。そして米国が破綻すれば世界大恐慌になる。現在の世界の借金は史上最高額に達しており、減ることはありません。

デフォルト(借金が払えなくなること)起こせばとたんにマーケットクラッシュが起こります。2008年に起きたこと以上のことが起きますよ。

こちらの映画を見て「一つの視点」ではありますが、勉強してみてください。

この英語の内容を一度見てわかれば立派です。3回見て理解できれば十分です。

今、何が価値があるのか、ではなくて、普遍的に価値のあるもの、その価値を維持し続けるものは何かを考えてみてください。

答えは「金と銀」に行きつくのではないかと思いますよ。

追記:戦争がはじまってしまいました

戦争がはじまってしまいました|FX大学:FX Trader BB(BuzzerBeater=ブザービーター)|note
2020年1月2日、今年の欧米市場開場初日に戦争がはじまりました。 大げさには言いたくないけど、これがまさに序章だとしたら、今後何が起きても驚きはしません。 トランプは(このサイコパスは呼び捨てでいいですか?)空爆で喧嘩を吹っ掛けておいて「戦争ではなく対話がしたい」とツイート。 イラン側は「必ず報復をする」と反...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました