株価大暴落、世界経済の破綻について考察【2019年】

コラム

こんにちは、

バブルは弾けます。歴史から学ぶことはたくさんあります。過去を振り返ると日本は高度経済成長期の終焉を迎えたのは1990年のバブル破綻でした。

1万円札(当時は確か聖徳太子)を丸めて火をつけて煙草のようにする馬鹿もいたし、まぁあの頃は滅茶苦茶でした。成田から都内へのタクシーが片道7万円でしたかねぇ(笑)「言い値」でしたね。それでもタクシーは捕まらないってくらいみんな使い倒していた。

その辺の平社員でもアホほどボーナスが支給され、馬鹿みたいに散財している連中がいました。

今回の記事では株価大暴落、世界経済の破綻、グローバルなリセッションが次に来るのはいつなのか、現在の株価暴騰の背景、嘘で塗り固められた米国を中心とした経済システムと、過去の事例に基づいてお話をしていきます。

歴史は繰り返される。History repeats itself

2019年の経済状況は1939年のそれと非常に似ていると言われています。

1939年は米国を中心に欧州でもお金がバンバン刷られ、一見経済状況が良くなっているように見えたのでしょう。もちろんこれは幻であることはそのあとの歴史が物語っています。

2019年の現在、国は山のようにお金を擦りまくり、低金利でお金を貸しています。いわゆるFREE MONEYですよね。お金を借りる「レンタル料」がほとんどタダなのですから。

勿論、景気が良い!お金が回ってる!株価も上がっているじゃないか!という事です。

また、以下のファクターが1939年と酷似している理由にあげられます

・低金利
・格差社会
・債務状況
米国はFRBの利下げが過去半年っで3回も行われています。日本の場合はマイナス金利がデフォルトで金持ちが更に金持ちになり、貧乏人が更に陰謀になるという「広がる格差」という言葉をよく聞きますよね。
金利が下がった事で個人も会社も山のように借金をして株や土地、物件などを買い込んでいます。消費が促されているので株価は上がる=バブル経済ですね。
銀行のバランスシートもそうですが経済指標も1939年とよく似ている事で、あの頃と同じような暴落が起きるのではないか、と言われる理由なのです。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65637

リーマンショックを振り返る

2008年のリーマンショックをちょっと振り返りましょう。

リーマンは1929年の大恐慌と比較されることが多いのですが、以下のデータを見てください。

1929年と2007年は借金の金額がマックスを迎える

1931年と2008年にゼロ金利政策発動

1933年と2009年は銀行がお金を刷りまくった

上記を踏まえて何が起きたか?

1933年~36年と2009年~2017年、マーケットクラッシュが起きた後、株価が爆上げし好景気になった。

好景気の中、1937年と2018年にそれぞれ利上げがあり借金の額が減り、Printing Moneyがストップする。

1939年にマーケットクラッシュが起きていますが、次のマーケットクラッシュはいつごろになるのだろうか?と考えるのが自然ですよね?

次のリセッションはリーマンショック以上?

最近はメディア(日本じゃなくて海外ね)では「そろそろマーケットクラッシュが来る」と言い始めているエコノミストが増えてきました。

次のリセッションは相当大きなものになるぞ、という指摘もあります。借金の額が史上最高額に達している事や、国の生産力のなさも原因です。

借金の額ですが、2009年と比較して現在どういう状況にあるかご存じでしょうか?

2009年と2019年を比較する

米国の借金の額なんですが、2008年9月のリーマンが破綻し金融危機を迎え、その後厳しいリセッションへ突入しました。

その後、2009年の「数値」と現在を比較してみましょう。

自動車ローンが50%増、学生ローンが100%増、住宅ローンがほぼ同じ水準、、、

これだけでも十分な「破綻の可能性」を秘めた状態なのですが、ここに輪をかけてえげつないのが政府や公共機関の借金額なんです。

リーマン破綻直後の着金額が10兆ドルあったのですが、現在はなんと、、、

1.2倍の22兆ドル(汗)

0が何個あるの?という数字ですね。天文学的な借金の額が既に米国だけで積みあがっており、破綻するほかない現状にあります。

そして、リーマン破綻以上のリセッションではなく、1929年以降に起きた長期間にわたる大不況が来るのではないか、と言われるのも当然ですよね。

株価大暴落の歴史を振りましょう

1929年9月のBlack Monday、株価大暴落(世界金融危機)からたったの2か月で41%以上暴落しています。一旦半値戻しのリトレースするのですがそこから約2年半で株価は史上最高値からなんと89.49%も暴落してしまったのです。

これが世に言う「世界大恐慌」ですね。3年近く世の中が暗くネガティブで、何をやっても経済が回らない史上最悪の時期と言われています。

1937年のクラッシュでは3月から11月だけで42.46%、1938年の3月までに50.17%の暴落がありました。1929年とひかくするとたいした数字ではありませんが、1932年の大底から這い上がってきた経済がまた半値も下落するのは、非常につらい時間であったと思います。多くの人が苦境に追い込まれたことは簡単に想像できますよね。

2000年のドットコムバブルでは約38%の下落、そして赤い矢印が2007年10月ですが、2008年9月のリーマンショックまでに既に下落をし、リーマン破綻のニュースで45%の下落です。

非常に大きなDIPですが、上記4つの金融危機では必ず直前に「逆イールド」が発生しています。

今回は数値的にも同じからそれ以上の暴落が起きるのではないかと予測する専門家が多い中、逆イールド発生後、FRBはなんとかして株価暴落を阻止しようと躍起になっているようです。

歴史は繰り返す。暴落の後は暴騰もある。

Photo from AP

当たり前のことを言うなという方もいらっしゃるでしょうね。

歴史は同じようなことが何度も起きるものです。人間ってバカだよな、というお話。

上がったものは下がるし、下がったものは上がります。

では、暴落がもし起きてしまったときに備えてアナタは今から何をすべきだと思いますか?

「その時」がやってきたときに多くの方は、お金の価値や仕組み、市場の流れや経済破綻の様相が変わっていくことを、何もわからずに、そして何もせずに通ってしまうのではないか、と思うのです。

歴史から学べることは、過去にどういう状況から経済破綻が起きて、その際にどのような惨状を私たちの先輩方が経験したかを知ることです。

世界経済の危機があり、株価大暴落が起きると何が起きるのか?

世界中の企業や人が所有している資産価値のあるものの値段が暴落します。そして、信用が失われます。会社が倒産する、個人が自己破産する、これは「信用」がゼロ以下になる瞬間ですよね。

そうすると、誰もお金を貸したくなくなります。お金が借りられないと資金繰りが回らないから、事業や営みが行き詰ってしまいます。そうすると減収、ですよね?収益が上がらないとなると、消費低迷につながり生活するだけで精いっぱいとなると余剰資金(原資)がないから投資が出来なくなる。

破産や破綻が相次ぐと経済はまわらなくなり停滞します。経済が停滞するとどうなるか?貸し倒れ、いわゆる借金の焦げ付きが発生し、企業や個人が貸した銀行がやりくりが厳しくなり、究極破綻に追い込まれます。

銀行が破綻なんかするわけないだろ、なんて思っている人が近くにいたらちゃんと説明してあげてください。銀行なんてそんなものです。すぐにつぶれますから(笑)

90年代から2000年代にメガバンクが出来上がった背景には、山ほどあった小さな銀行が経営がうまくいかず、統合しないとつぶれるし信用問題だ、抱えすぎた行員たちの生活を守らなきゃいけない、という日本の妙な社会主義的な発想(お人よしっていうんだけどね)が結果自分たちの首を絞めるってことになるのに、合併統合していきましたよね?

で、どうですか最近は?月額手数料を徴収するなんて話になってますよね?無駄なATM、店舗、行員、私からしたら全部無駄の極みです。銀行なんてネットで十分。店舗なんていらない。じーさんばーさんからしたら必要なのかもしれないけど(話し相手がいるとか別の意味でも)

だけど、銀行なんて機関は時代錯誤なんですよ、本当は。

「FX専用・BB式ロジック」の詳細とご案内
こんにちは、TraderBBです! 当サイトを訪れて頂き感謝申し上げます。 「FX専用・BB式ロジック」の詳細をご確認くださいませ! FX専用・BB式ロジックの内容とは? FX専用・BB式ロジ...

銀行=単なる金貸し?いや、むしろ【金狩り】だ!

金貸しってイメージ良いですか?闇金はダメでカードローンはOKなんですか?

やつらは同じ金貸しです。利息が違法かどうかだけですね。

いや、むしろ金を狩りとる亡者なんですよ。

その仕組みは非常にシンプルです。

まずは【金貸し】でアナタのお金を合法に盗んでいく方法。

銀行も消費者金融業、車、住宅ローン、カードローン、パーソナルローン、法人ローンなど様々な「商品」を提供していますが、これすべて手数料と法外な利息をぼったくる「闇金」となんらかわりません。

もちろん闇金は「10日で1割の利息=トイチ」など暴利を併記でむさぼる連中もいるでしょうけど、私からしたら銀行もなんら変わらないと思っています。

ATMの手数料、なんであんな高いんでしょうか?自分のお金の自分が機会を操作してるだけで220円とられるっておかしくないか?? いや、電気代や維持費がかかるから、、とごもっともに聞こえる理由を言って終わりの銀行さん、

じーちゃんばーちゃんの年金や貯蓄、定期預金を使いまわして個人に貸しては暴利をむさぼる。

銀行なんてろくなもんじゃありませんからね。なので、銀行屋は信用しませんし奴らが大声で宣伝をする金融商品はすべてからくりがあって結果銀行が儲かるようにできている。

金儲けをするために消費者金融やカードローンという形で鬼のように高い金利(法定18.4%だけど条件次第で20%。どれだけアクドイんだよ)をとって小金を貸し出すわけです。

月収20万とかありえない低賃金で働いている労働者さんたちはあっちで2万、こっちで5万って借りちゃうよね。付き合いもあるし買いたいものもある。そんな自由もなくとにかく毎月自分の生活を切り盛りすることで一杯一杯。

だから結局、ローンやカードのキャッシングに手を出してしまう。ここに落とし穴があるいことを理解してくださいね!

私はまずクレジットカードは使いません。キャッシングも使いません。デビットカードで引き出しができる(それも元本のみ手数料なし)銀行カードを2枚だけ持っています。

あとはATMで現金を引き出すときはできる限り無料の回数内に納めます。もちろん、振込手数料がかからないように配慮もします。

最近はネット銀行なども月に5回目でATM手数料無料などがデフォルトだったりしますよね。つか、可能なんじゃねーかよ、って思いますが。

お金とらなくても引き出せるんじゃねーかよってねw

あいつらはあの手この手でいろいろ仕掛けてきますから知識を付けて、ボディブローを食らい続けないようにしてくださいね。

次に【金狩り】について。

金狩りは私の造語ですが、雰囲気はつかんでもらえると思います。

要するにあなたが必死に稼いで一生懸命貯めたお金を、合法に地味に狩っていく方法です。

マイナス金利。こんな恐ろしいものはない。

一見良い話なのか?と思いますが、貯蓄が貯蓄でなくなるんですね。銀行の悪の仕組みとして、金利がマイナスということは、お金を預けると元本が目減りしていくという最悪の状況ですね。自宅に金庫をおいてお金を保管するほうがまだまし、です。

まし、というのは銀行に預けて手数料や金利が獲られないだけですが、今の経済の仕組みとして、じゃぶじゃぶにお金を刷っている国の政策で、お金の価値は時間とともに目減りいしてくので、いずれにしてもアナタのお金はどんどん価値が下がるし、実質減っているといっても過言じゃない。

ね?最悪でしょ?銀行や国ってのはアナタやあなたの家族を守るどころか、アナタの大切なものを搾り取っていくんのです。

そしてここに増税。。。もうねありえないですよ。

現実を見なきゃ命を奪われてしまいますよ

金儲けをするために消費者金融やカードローンという形で鬼のように高い金利(法定18.4%だけど条件次第で20%。どれだけアクドイんだよ)をとって小金を貸し出すメガバンクたち。

百歩譲って考えると、あの人たちもお金儲けをしなきゃならないし、日銀に預けていてもマイナス金利で吸い上げられるだけだから、持っている原資を民間にばらまいて暴利をむさぼる方法で、なんとか凌いでるわけです(銀行という存在そのものが悪だけどね)

で、国が糞なので、デフレが改善されず、賃金も上がらず、おまけに増税までされて国が民間をどんどん食い物にしています。

日本の平均年収は441万円、だそうです(国税の発表)

労働者・サラリーマンさんたちは、少ない月給、低賃金で働いている現実。

お金に困ってあっちで2万、こっちで5万って借りちゃうよね。付き合いもあるし買いたいものもある。そんな自由もなくとにかく毎月自分の生活を切り盛りするだけで大変だ。

つまんだお金には利息がしっかり乗っかって、カードローン地獄にはまって結果破産しちゃう人もいる。ありえないよね。全部自己責任で押し付ける国や機関ってありえない、っておもうわけです。

銀行屋さんなんてこれまでもずっと、歴史的にも常に嘘をつき続けているから何が本当の事かも理解してないんですが、絶対に儲からない金融商品をそこそこ金持ってるじーさんばーさんに売りつけて、話し相手がいないもんだからおうちまで訪問したりね(昔はよく銀行屋がうちに上がり込んで雑談かましてたんですよ。暇すぎだろ。その辺の振り込め詐欺の集団とやってることはほぼ一緒)

中流階級がなく低所得と超高所得に分断された社会、金持ちは金持ちになり、貧乏は更に貧乏になる格差社会、銀行のシステムは構造上破綻している、と言っても過言じゃないでしょう。

経済の構造がおかしなことになっている現実を見て、

アナタはどういう手を打つべきだとおもいますか?

だから、私は「投資とお金の流れを本気で勉強しなきゃ国に殺される」と思ったのですよ。

「FX専用・BB式ロジック」の詳細とご案内
こんにちは、TraderBBです! 当サイトを訪れて頂き感謝申し上げます。 「FX専用・BB式ロジック」の詳細をご確認くださいませ! FX専用・BB式ロジックの内容とは? FX専用・BB式ロジ...

政治家や銀行が言い続ける嘘と幻想とは

2019年11月現在、政治家や銀行屋さんがしきりに言い続ける「経済は堅調だ」という言葉は虚偽であり、実体経済はひどい状況になっていることをご存じですか?

そうなんです、IT’S ALL LIESなのですよ。

再選だけにしか興味の無いトランプ大統領は、FRBに利下げ圧力をかけ続けています。この夏の利下げから3回も連続的に利下げが行われたのは実体経済が実は、指数が反映されているものではなく真逆な事が起きているのを知っているからです。

このままでは2016年に公約として打ち出した「GDP5%」は達成出来ない。

本来、経済が堅調であれば利下げなど必要はありません。経済システムの構造上大きな問題が起きているのは、利下げをしてお金を刷りまくれば株は買われる。

そもそも存在しない幻のお金(借金が実際に存在するお金の何倍も多いことがまさに象徴的)で粉飾相場ができあがるわけですな。

経済メルトダウン、ファイナンシャル・ブレークダウン、バブル経済の破綻、こんな言葉は暴落がきっかけにメディアで騒がられます。

騒がれたときは時すでに遅し。

政治家や銀行屋さんがしきりに言い続ける「経済は堅調だ」という言葉は虚偽であり、実体経済はひどい状況になっていることをご存じですか?

米国の借金は膨らみ続けています。そしてこの借金、debts and deficits are balooning、

FRBの意図、彼らの存在意義とは経済を円滑にするために金利政策を発表し、現状を

マイナス金利政策。。。日本では真新しいものではないですね?で、どうなりましたっけ?経済緩和政策として日本と同じく、欧州も、米国もこのかじ取りはマイナス金利へ。

これの意味、理解していますか?繰り返しになりますが、もう一度お伝えします。

マイナス金利ということはですね、アナタがお金を銀行に預けると(愚行)お金を取られるんですよ。そう、金利を払うのはアナタ。銀行がアナタからお金を借りているのにも関わらず、手数料や金利を払わなきゃいけないっていう意味不明な状況です。

日銀がメガバンクに「国民にお金を貸して高い利息をとって設けてください」と言っているのです。マイナス金利にすればメガバンクが日銀にお金を預けるわけがないですよね?だって置いておくだけで金利がマイナスだから徴収されちゃう。

じゃメガバンクがどうするのか? そうです、行き所のないお金を個人や会社に貸し出すんです。最初はゼロ金利ですよ~、やすいですよ~って言いますけど、結局アホほど手数料とりますよね? 長期間にわたり借りると利息がアホほどのっかるという仕組み。。。規約に読めないほど小さな字で法定金利の説明がありますが、アクドイ商法です。

痛い思いをするのは民間であり政治家たちではない

結局国のリーダーと言われる連中は既得権益があるので守られる。民間は殺されるのと同じレベルでモノ、金が奪われます。

じゃぶじゃぶに刷ったお金で吊り上げられた株価が暴落すれば、あらゆるものが壊れてしまいます。

壊れたものが再生するには時間がかかりますが、必ず確実に再生・復活します。

その時が来たら、そっと買いを入れるというしたたかさと「原資」を確保しておいてください。

株価暴落、バブル破綻で痛い思いをするのは国のリーダーシップを取っている連中ではなく、民間でありアナタです。

これが私がアナタにお伝えできる「最上級のアドバイス」だと思います。多分、お金の歴史と流れを知っている人なら私と同じこと「しか」言いませんよ。

ハッピーライフを過ごしたいのであれば、暴落が来た時に如何に冷静に判断し、チャートを読んで底を把握するかですね。

そして金融機関や国の政策や、メディアで言い伝えられている事、ほぼすべてを信じず疑い続けることです。

彼らは何一つ、本当のことは言いませんから。

陰謀でもなんでもありません。これが現実です。

Wake up and smell the coffee!!

「FX専用・BB式ロジック」の詳細とご案内
こんにちは、TraderBBです! 当サイトを訪れて頂き感謝申し上げます。 「FX専用・BB式ロジック」の詳細をご確認くださいませ! FX専用・BB式ロジックの内容とは? FX専用・BB式ロジ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました