【FX】「プライスレンジ手法」のご案内

プライスレンジ手法は週末に数分で済ませたチャネル分析を利用して1~2週間から1ヶ月ほど同じチャートで稼ぎまくることが可能です!

今月リリース予定の「プライスレンジ手法」はエリオット波動をシンプルに捉え、ある法則に基づいて値幅を取り、どこで入ってどこで抜いていくのかを導き出していく

究極の「裁量」手法です!!

注意事項

※BOではなくFX専用とテクニカル分析法です

※インジケーターにはたよりません。ご自身で平行やトレンドライン、チャネルを「ある法則に基づいて」引いて頂きます

    1. 注意事項
  1. 値幅理論とは?
  2. チャネルやトレンドラインを引いたチャート画像
  3. 値幅理論のアドバンテージとは?
  4. 値幅理論の核になるものって何?
  5. フィボナッチ数列は「居心地の良さ」が大事です
  6. 2019年のGBPJPYを振り返りました
  7. Q&A
    1. Q:MT4デフォルトのインジケーターは何をつかいますか?
    2. Q;完全裁量ということですが、初心者でもすぐに理解できますか?
    3. Q:値幅を取るとはどういう意味でしょうか?
    4. Q:チャネルを引くというのはトレンドラインのことですか?
    5. Q:並行ラインを使った「値幅」をとって分析する方法と何がちがいますか?
    6. Q:値幅理論からどういう結果を得ることができますか?
    7. Q:スキャルピングにもつかえますか?
    8. Q:教材はどのような形で配布されますか?
    9. Q:引き方がわからない!分析の目安やエントリーとエグジットの具体的なお話はしていただけますか?
  8. チャート設定を少しご覧ください
  9. EURGBP LONG・GBPJPY SHORT(9月24日)
  10. GOLD:朝から欧州前までのトレード(9月23日)
  11. 最新の履歴はこちら(9月21日)
  12. Discordを使った「BB式勉強会」
  13. 9月の頭に引いたラインが効く
  14. 9月11日:昨日はマイナスからスタート
  15. 9月10日:昨日の全履歴です。189万円の利益
  16. 9月9日(夜間)今日1日の取引履歴
  17. 9月9日:昨日の振り返り、すべて晒します
  18. 9月8日:ポンド円の暴落!
  19. 9月2日のチャート:GOLD
  20. 9月1日の履歴
  21. 今夜の履歴:最新(8月31日)
  22. 今朝の履歴:8月31日
  23. プライスレンジ手法を使った過去履歴
  24. 【BB式勉強会】の様子
  25. BB式・プライスレンジ手法・特別価格
  26. 教材のコンテンツ詳細
  27. ご注文フォーム
  28. 無料特典の内容
  29. お申し込みの際の注意事項

値幅理論とは?

「値幅理論」とはある値幅を基準にトレンドラインをやチャネルラインを使ってチャート分析をする理論です。

値幅の世界には「流派」が存在します。

BB式は独自のチャネルやトレンドラインの引き方、Fibonacciの当て方を駆使し、チャート分析をシンプルに捉える手法です。

値幅理論は非常に難解で相場観が構築で出来ていない初心者には非常に難しいと感じる手法といえますが、BB式ではステップアップを図るために、わかりやすい解説動画をご用意し波動理論をベースに構築した環境認識をお伝えします。

また、エリオット波動理論を巧み織り交ぜ、シンプルな視点で値幅理論を展開していきます。

スキャルピングからデイ目線の短期トレードから、数日間から数週間までのスイングトレードまで幅広く対応が出来る手法です。

全てのスタイルで数十PIPSから数百PIPSまで、1トレードで抜いていく方法を伝授いたします。

チャネルやトレンドラインを引いたチャート画像

GBPJPY・ポンド円

GOLD・ゴールド

GOLDのチャートを見てください。ある条件がそろった状態から「プライスレンジ」を定め、そこからチャネルを引いていきます。このチャネルの使い方と独自の理論に基づいて「ラインの引き方」により反発するポイントや、一つの波動がどこまで伸びるのか、明確なエントリーポイントとエグジットポイントを導き出すことができます。

為替市場や株式市場のチャートには法則がありそして規則性がある、という観点からチャート分析をすることで、どこからどこまでが優位性高くロットを張って大きな利益を上げられるかを追及していきます。

プライスレンジ手法「相場はある値幅をベースに規則性をもって動く」という前提から生まれました。この法則に則り歴史は繰り返すという事、そしてある値幅×2,×3動くということであれば、初動から入らずともあるエリア(ゾーン)から入って大きな値幅を取ることも可能ですし、

全く逆の視点で見れば、値幅の上限や下限のひげ先から逆側のチャネルまで、SLの幅を10pips以内にとどめることも可能なのです。

値幅理論のアドバンテージとは?

「値幅」を使うとどうおいうメリット、アドバンテージがあるのか?

値幅理論を使っている方に聴くと様々な答えが返ってくるのですが、一番多い答えは

「チャートをずっと見ていなくていい」なのです。

例えばデイトレーダーで1時間から4時間程のシナリオでトレードをするとしましょう。

あるエリアからあるエリアまでのプライスレンジを狙うとなった時に、エントリーポイントからエグジットまでの間のプライスアクションを見ることなく、狙ったところまで強い握力で保持することができるのです。

それは理論の前提である「ある値幅がその波動を支配する」という概念が相場をコントロールしているからです。

ですから、値幅理論の魅力としてあげられるのは「エグジットのポイントが明確になる」ことですね。

「エントリーはいいんだけど利確のポイントがわかりづらい、どうすればいいのかわからない」と常にポジションを持ってから悩んでしまう人には、値幅理論はドはまりします。これは私自身も常に悩み続け、トレードノートを付けて反省を繰り返す中で自問自答したことです。

値幅理論を取り入れてからはチャートを見る時間が激減し、またスキャルピングを一切やらないスタイルに変わりました。

大ロットで大きく抜くという方法は時間がある時に行うのですが、最近はデイからスイングへ時間軸を長くトレードすることが増えましたので、抜く値幅も多くなりました。オーバーナイトもしますし、チャートは1時間に一度確認する程度です。

ポジションとってから監視する時間足は「4時間足」です。5分足を見るのはエントリーをするときくらいですね。一番逆行されにくいところで入る(これも値幅理論で導き出せる方法のひとつです)そして、しっかり値幅理論が出してくれたポイントまで抜く、です。

値幅理論の核になるものって何?

値幅?っていわれても何をさすの?何の事?

初心者の方なら「波動」とか「値幅」と言われてもピンとこないかもしれませんね。

「値幅」とはPIPSの事を指します。「波動」とはエリオット波動でいう1波、2波、3波、、などの「波」のことを指します。

FXは「値幅を抜く」ゲームですから「この値幅を軸にチャート分析を考える」というのは非常に理にかなっていることが、ざっくり分かって頂けばわかります。

チャート分析にはチャネルや、フィボナッチを使って「ある値を特殊に設定」し、「波」に対して引いていきます。その数字なども全て教材に開示致します。わかりやすい解説動画では実際に私がMT4を使ってチャネルやラインなどを引きながら、朝一番にやることや週末のプランニング、そして何よりも大事なシナリオの作り方をお伝えしていきます。

「波動」と「値幅」を融合したチャート分析法は非常に斬新です。

勿論ですが、この理論はググっても出てくるものではありませんし、教本も教材も素材しません。

非常に効果的で明快な裁量分析法ですので、時間をかけて丁寧にチャートにラインを引いていく作業をすることで、本質に近づくことが出来ますよw

フィボナッチ数列は「居心地の良さ」が大事です

皆さんはFibonacciをどうつかってますか?フィボナッチ数列は神秘的な数字とも言えますが、フィボにも様々な形があります。リトレースメント、エキスパンション、タイムゾーン、アーク、ファンが代表的なものです。

エリオット波動論とフィボナッチ数列は親和性が高く、波動の長さや到達点は概ねフィボナッチで導き出すことが出来ます。この前提を元に値幅理論が展開されますので、エントリーとターゲットの設定が明確になります。

フィボの当て方がわからない?という方は特に初心者に多いと思いますが、BB式は引き方・当て方をキッチリと解説し「生きた理論」としてご提供します。

入る場所、出る場所。これがハッキリすればいいってことですからね!

FXは値幅を取るゲームです。シンプルに考えていきましょう!

2019年のGBPJPYを振り返りました

2019年の夏、ちょうど1年くらい前のチャートに「値幅理論」をあててみました。1年後もビシバシきていることがわかりました。相場には法則と規則性があるという事がわかります。

SWINGをされる方、小ロットで1トレード1000pips抜くのも夢ではありませんよw

Q&A

手法の告知を出してから数多くの質問を頂戴致しましたので、代表的なものからお答えしていきます。

Q:MT4デフォルトのインジケーターは何をつかいますか?

インジケーターはロウソク足だけ!が基本となりますが(厳密に言えばロウソク足もインジですよね)レジサポとして普段通り移動平均線も使っています。完全裁量なのでチャネルを引く技を吸うパターン用意しており、一度きっちり引いてしまえば最低も2週間、場合によれば4~5週間はひとつライン引きだけで相場環境認識ができるようになります。

Q;完全裁量ということですが、初心者でもすぐに理解できますか?

初心者の皆さんが一番悩むのが「相場環境」をどう捉え、トレードシナリオを構築するのか、ではないでしょうか?プライスレンジ手法では使ってロウソク足に対してわかりやすいチャネルを引き、重ねることで得られる情報によりトレードプランを立てていきます。

レジサポの概念さえわからない初心者でも「テクニカル迷子」にならずにシンプルなプランを立てられます。

Q:値幅を取るとはどういう意味でしょうか?

「値幅を取る」という言葉ではイメージできないかもしれませんが「あるひとつの波動を軸に相場は動き、その後の波動が形成される」前提がありますので、あるポイントからあるポイントまでの「値幅を抜く」為に(上に行こうが下に行こうが関係ありませんw)「ある波動を測りそこを基準」とします。

Q:チャネルを引くというのはトレンドラインのことですか?

はい、チャネルは厳密には2本の同じ角度がついたトレンドラインを指します。そして●●●チャネルに特殊な設定を施し、独自の目線でチャネルをひいていきます。

Q:並行ラインを使った「値幅」をとって分析する方法と何がちがいますか?

はい、同じとも言えますし、違ったものともいえますが、少なくともレジサポの役割を果たすという意味では同じだとお考え下さい。

Q:値幅理論からどういう結果を得ることができますか?

結果としてデイの場合数十PIPS、スイングであえば数百PIPSの値幅を利益にすることができます!

Q:スキャルピングにもつかえますか?

はい、可能です。例えばあるゾーンからあるゾーンまでの値幅が30pipsとすれば、その間の15pipsを確実にとる方法があります。

Q:教材はどのような形で配布されますか?

プライスレンジ手法のメイン教材はYouTubeの動画となります。チャート設定編、BB式エリオット波動の解説、プライスレンジ手法のメイン動画である「値幅理論・チャネル引き」解説動画、その他通貨ペア別で私がチャネルを引いて分析している動画や画像もお届け致します!

Q:引き方がわからない!分析の目安やエントリーとエグジットの具体的なお話はしていただけますか?

はい、プライスレンジ手法はトレードに直結するための手法ですので、分析をしながら、入るポイントや狙い目、値幅の測り方、分割して入っていく方法(ピラミッディング)などについて、かなりハンズオンでお話をする動画コンテンツもお届けします。

チャート設定を少しご覧ください

値幅を取ったあとはマルチタイムフレームで観察です。ここからスキャルピング、デイ、スイングと様々なトレード手法を実践していくわけですが、特に今回の手法の目玉でもあるピラミッディング手法(小さなロットを積み上げていく手法です)をMTFを見ながらはいっていき、3万円を20万円に、10万円を一気に100万円に1つのトレード、1つの波で取っていくことを実現出来ます。

ロットを積み上げるには技術と管理能力が必要となります。このあたりをしっかりと解説していきます。

EURGBP LONG・GBPJPY SHORT(9月24日)

夜のトレードです。非常にわかりやすい場所でしか入りません。監視している通貨ペアの2つですが、1日の利益としては十分すぎますよね。1日1回、これでOK。

値幅理論を駆使し、先週の日曜日に引いた「値幅を獲ったチャート」を軸に入っています。ユロポンはまさにドンピシャw 皆さんもこの様なトレード、毎日してみませんか?

GOLD:朝から欧州前までのトレード(9月23日)

午前中にエントリーし16時前に決済。今日のトレードはこれで終わりです。今日は早仕掛けが上手くいきました。今週の日曜日に引いたチャネルが仕事をしてくれました(BB式勉強会では公開済み)

最新の履歴はこちら(9月21日)

履歴の一部となりますが、昨日もいつものポンド系で利確しました。9月22日は約45万円の利益となりました。

ポジションの数は多い日は10回ほど取引しますが、平均4~5回です。チャンスは無数に転がっていますので、チャネルを引いて「待つ」だけですね。

ポンド系はボラが激しく苦手ダナという方々も多いとおもいますので、ユーロ系、ドルストレートなど比較的ゆっくりと動く通貨ペアでも取引可能です。

株価指数やCFDでもロウソク足チャートさえあればいくらでも取引ができますので、日経225の先物チャートなどでもOKですよ!

Discordを使った「BB式勉強会」

LINEグループ配信廃止に伴い、真剣に相場と向き合う「有志」のみで行う「BB式勉強会」も既に設置完了しています。来週から開始となりますw

9月の頭に引いたラインが効く

こちらご覧ください。9月1日に引いたラインがこのように機能します。値幅のパワーです。ちなみに下の青いボックスまでのロングとそこからのショートしっかり往復で頂いています。

「ある値幅が相場を支配する」ことが証明出来るチャート分析法です。

しかとご覧くださいませw

9月11日:昨日はマイナスからスタート

最高マイナス70万円台まで突っ込みましたが、そこからポンド円の暴落に乗っかりしっかり110万円以上の利益。値幅理論最高ですよ。

9月10日:昨日の全履歴です。189万円の利益

月曜日はポン円暴落で取り、昨日は暴落の最後と反転後のロングで取りました。GOLDは訳分からん状況になってるので、ポン円・ポンドルだけで十分利益をあげられました。ロットはかなり控えめですが値幅を取ることを意識したトレードをしているので、スキャよりもデイからスイングよりのイメージでほとんどチャートを見ることはありません。

9月9日(夜間)今日1日の取引履歴

今日22時半までの取引履歴ですw

9月9日:昨日の振り返り、すべて晒します

マイナスもちょいちょいありますが「経費」です。トータルで110マン超えてるので1日のアガリとしては十分ですね。下のチャート画像とPIPS表示とシンクロしてるのでポジション参考にしてください。値幅でとって

9月8日:ポンド円の暴落!

ポンド円が良い形からの暴落をしていますが、もちろん乗っかっています。午後から爆下げばっちり400pips以上頂きました。

今日だけで、

 

現在入っているポジションです。ドルカナダにも注目ですw

今日だけで1.9円以上の暴落ですが、ぼちぼち大きな調整が入りそうな局面に入ってきましたね。

プライスレンジ手法ではこのような暴落の抜けから大きく値幅を取る事ができるのです!

9月2日のチャート:GOLD

以前から一部を公開しているGOLD H4のチャートですが、こちらをご覧ください。

このライン、何故引けたのか?それも8月の頭に引いたラインが何故効くのか知りたいとおもいませんか?

プライスレンジ手法は秘密など何もなく相場にはサイクルがあるってことをキッチリ視覚化する方法です!

9月1日の履歴

昨日のトレードの一部です。

今夜の履歴:最新(8月31日)

今朝の履歴:8月31日

先週から持ち越して今朝決済したトレード結果です。

以下は現在のポジションです。

先週からのチャートですがこのラインやチャネルは8月1日に引いたモノをそのまま丸一ヶ月利用しています。そうなんです「値幅」が相場を支配するといっても過言ではないと、このチャートが証明してくれています(4時間足の一部だけお見せしています)

プライスレンジ手法を使った過去履歴

 

【BB式勉強会】の様子

BB式勉強会への参加条件は以下です。ハードルは高めに設定しております。勉強会への参加は無料ですが、新規の皆さんはFX専用・BB式ロジック、もしくはプライスレンジ手法のどちらからをご購入頂き、ガイドラインに沿ってシナリオの提出をお願いしております。詳しくはご注文の際にお知らせ致します。

勉強会への参加は「強制」ではございません。あくまでもご自身がどのスタンスで勉強をされたいのかを考えて頂きたいと思います。勉強会自体は無料ですがロム専はお断りしております。あくまでも本気で学ぶ人達が集う場所ですので、価値提供やアウトプットを丁寧に日々行って頂きます。

非常に濃密な時間を過ごして頂き、三ヶ月から半年で常勝トレーダーになって頂きます。

BB式・プライスレンジ手法・特別価格

特別価格:69,800円(税込)

勉強会二次募集特別価格:

現金特価:55,000円(税込)

教材のコンテンツ詳細

教材動画:
1.チャート設定編
2.BB式エリオット波動解説
3.値幅理論メイン動画
4.値幅理論分析後のエントリーとエグジットの方法解説動画

※現金特価です。カード決済価格(Paypalは15%増)現金特価をお勧めいたします。

※無料ZOOM講義など無料特典をご用意しております

ご注文フォーム

お名前とメールアドレスをお間違えなく!

上記の内容でよければチェックを入れて送信ボタンをおしてください。

無料特典の内容

ZOOM講義:60分

60分の無料ZOOM講義では、実際のチャート(TradeViewやMT4)を使ってチャネルの引き方、様々なフィボナッチを使ってチャートパターンにラインを引いていくなど、独自視点でチャート分析の方法、セットアップやシナリオ作りを直接解説させていただきます!チャートの添削などステップアップに必要なスキルを伝授致します。

BB式勉強会への参加権限(条件付き)

勉強会への参加は基本無料です。共有されている内容は非常に深く、チャートの本質を追究する場所として最適です。Discordを使って他のメンバーの方々と情報共有をして頂きます。

参加条件についての詳細はご案内をお届けさせて頂きます。

お申し込みの際の注意事項

  • お申し込みはお手数ですが「お問い合わせ」(またはメール)から「件名」に
    希望される教材名をご記入ください。くれぐれもお申し込みの際、メールアドレスに
    誤りがないことをご確認くださいませ。
  • 決済完了し入金が確認が出来次第、速やかにPDF教材をメールにてお届け致します
    商品はPDF1点と購入者様のみアクセス可能な動画教材となります。
  • 銀行振込の振込手数料は大変恐縮ですがご負担くださいませ。
  • お振り込み手続きは原則ご注文から24時間以内をお願いしております。宜しくお願い致します。
    24時間を過ぎますとキャンセルとなりキャンペーン価格が適応されませんのでご了承ださいませ。
  • 営業時間外は送金後、振込明細をメールにて送付頂きましたら
    教材を先にお送り致します。
  • 本ロジックは複数のインジケーターを使ったインジケーターツールやシグナルツールではりません。
    オーソドックスな裁量トレード手法で管理人が実践し実際に利益を得ている手法です。
  • 当教材は購入者様に利益をもたらす手法を克明にお伝えしておりますが、購入者様が万が一
    トレードで損失をした場合、管理人が補填・保証するものでは一切ありませんのでご了承ください。
    投資・トレードはあくまでも自己責任と自己判断で行ってください。
  • デジタル書類という商品の性質上、返金やクーリングオフには応じることが出来ませんが、今回は特別に日数限定の返金制度を適応可能とさせていただきます。詳細は上記を確認してください。

 

タイトルとURLをコピーしました